NEW

パチンコ新台『北斗の拳』シリーズ衝撃の「オールMAX」仕様! 業界初の「インパクト筐体」も要必見【新台分析―パチンコ編―】

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 名物メーカー・高尾からパチンコ『DD北斗の拳』シリーズ最新作が登場。目に焼き付く筐体、そして衝撃の大当り出玉は要必見だ。

『P DD北斗の拳~主役はジャギ!!~』(高尾)

パチンコ新台『北斗の拳』シリーズ衝撃の「オールMAX」仕様! 業界初の「インパクト筐体」も要必見【新台分析―パチンコ編―】の画像1高尾 HP」より

■大当り確率(低確率):1/319.6(設定1)~1/257.0(設定6)
■大当り確率(高確率):1/133.2(同)~1/107.0(同)
■転落確率:1/370.2
■確変比率:82%(特図1・特図2共通)
■電サポ回数:20回or100回or100回+α
■賞球数:4&1&6&3&15
■ラウンド:全て10R
■カウント:10カウント

 スペックは高継続の確変ループ&転落方式の変則タイプ。ミドルスペックでは珍しい6段階設定搭載機となっている。

 本機最大のポイントは大当りラウンドが「オール10R」という点。ヘソ・電チュー・時短・確変問わず大当り出玉は「10Rオンリー」、かつその獲得出玉は新規則最大の「1500発」だ。どのような状況でも、必ずまとまった出玉が得られる安定抜群の仕上りといえる。

 超個性的な「新筐体」からも目が離せない。

 業界初の「自販機型」を採用。液晶は搭載しておらず、セグとドットのみで大当りを演出する仕様となっている。他社にはない独創的な仕上がりといえるだろう。

 実は、以前話題になった新筐体「黒の衝撃【MAD BLACK KIREPANDA-MODEL】」が採用されている。同社のマスコットキャラクター「キレパンダ」が役物となっているなど、高尾ファン必見の1台となるに違いない。

 ホール導入日は5月7日予定。”本家”シリーズと一線を画した『DD北斗』最新作に注目だ。

パチンコ新台『北斗の拳』シリーズ衝撃の「オールMAX」仕様! 業界初の「インパクト筐体」も要必見【新台分析―パチンコ編―】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事