NEW

JRA藤田菜七子にも「悩み」の種? 19歳・西村淳也「大ブレイク」で激化するノーザン系ローカル枠争い!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA藤田菜七子にも「悩み」の種? 19歳・西村淳也「大ブレイク」で激化するノーザン系ローカル枠争い!の画像1


 6日に騎乗停止から復帰する川田将雅騎手を筆頭にC.ルメール騎手、武豊騎手、M.デムーロ騎手とお馴染みのトップジョッキーらが、今年も激しいリーディング争いを繰り広げている。

 上手い騎手ほど、強い馬に乗れる競馬において、上位の面々がそう簡単に変わるものではないが、今年は一人「新顔」がいることが静かな話題を呼んでいる。

 現在23勝を上げ、リーディング15位に奮闘している2年目の西村淳也騎手だ。

 リーディング15位は一見、インパクトに欠けるかもしれない。だが、トップジョッキーがひしめき合う最多勝争いの中「ベスト20」に入っているのは、間違いなく一流騎手の証だ。

 実際に同じく23勝を上げ、リーディング16位にいるのはJRAのG1・24勝を誇る池添謙一騎手。今年の大阪杯(G1)をアルアインで制した伸び盛りの北村友一でさえ、まだ24勝である。

 さらに西村騎手はデビュー2年目の19歳。当然、ベスト20で10代は西村騎手だけであり、西村騎手の次に若いのが28歳の三浦皇成騎手。関西ではベスト10に食い込む躍進ぶりだ。

「今年のローカル競馬で、一躍幅を利かせているのが2年目の西村騎手。昨年は13勝止まりでしたが、今年はすでに23勝。勝ち星倍増は確実でしょうし、今のペースなら50勝以上も十分期待できそうです。

さすがに減量のある平場での活躍が目立ちますが、先月には特別戦を連勝するなど、減量が利かないレースでも結果を残しているのは『すごい』の一言。まだ、あまり目立ってはいませんが、関係者の間では『久々に将来の活躍を予感させる若手騎手が出てきた』と早くも評判になってますよ」(競馬記者)

 記者の話によると西村騎手の活躍を予感させられるのは、新人離れした腕も然ることながら、その強気な性格が「騎手に向いている」という。

JRA藤田菜七子にも「悩み」の種? 19歳・西村淳也「大ブレイク」で激化するノーザン系ローカル枠争い!のページです。GJは、競馬、JRAノーザンファーム藤田菜七子西村淳也の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!