NEW

JRA京都新聞杯(G2)令和初のJRA重賞馬を「関係者情報」で狙い撃ち! 良血馬祭になるのか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月4日、京都新聞杯(G2、芝2200メートル)が開催される。このレースで賞金を加算できれば、5月26日の日本ダービー(G1、芝2400メートル)への出走も大きく近づく。今回はこのダービー最終便とも言われている一戦に、「現場の声を最重視するブロディN」が挑戦。仕入れた「関係者ネタ」で的中を狙う。

JRA京都新聞杯(G2)令和初のJRA重賞馬を「関係者情報」で狙い撃ち! 良血馬祭になるのかの画像1

 今回、有力視されている福永祐一騎手のブレイキングドーン。だが今年の弥生賞(G2)で3着と好走したものの、クラシック初戦の皐月賞(G1)では鞍上に促されても進まずに11着と惨敗。福永騎手も「敗因はよくわからない」「一度立て直しが必要かも」と弱気なコメントを連発したという。

 さらに福永騎手は、日本ダービーはランフォザローゼスで挑戦することが内定しているとの情報もある。ここで賞金を加算したとしても本番は乗り替わりが決まっているようだ。気になる存在ではあるが”切り”と判断した。

JRA京都新聞杯(G2)令和初のJRA重賞馬を「関係者情報」で狙い撃ち! 良血馬祭になるのかの画像2

 本命「◎」に選んだのは、7番タガノディアマンテ(牡3歳、栗東・鮫島一歩厩舎)だ。

 今年の始動戦だったきさらぎ賞(G3、芝1800メートル)では上がり最速の脚で2着。続くスプリングS(G2、芝1800メートル)で4着に入り、皐月賞(G1、芝2000メートル)に進んだ。前走では後方につけて、最後の直線で脚を伸ばすも6着。皐月賞で5着になっていれば日本ダービーの出走権が得られたため、鮫島調教師も「もう1頭抜いていれば…」と肩を落とした。

JRA京都新聞杯(G2)令和初のJRA重賞馬を「関係者情報」で狙い撃ち! 良血馬祭になるのかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!