NEW

JRAルメール「騎乗停止」日本ダービー(G1)騎乗アウト! 大本命サートゥルナーリア、凱旋門賞ブラストワンピースら代役は「あの騎手」たち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAルメール「騎乗停止」日本ダービー(G1)サートゥルナーリアアウト! 凱旋門賞(G1)ブラストワンピース「新コンビ」も白紙か......の画像1

 5日に東京競馬場で開催されたNHKマイルC(G1)は、2歳王者アドマイヤマーズが貫禄を見せつける勝利。一方で1番人気に推されたグランアレグリアは、最後の直線でダノンチェイサーの進路を妨害したことによって4位入線から5着に降着となった。

 この結果を受け、グランアレグリアの鞍上C.ルメール騎手は26日まで16日間(開催6日間)の騎乗停止処分。前日に3勝、この日も4勝と絶好調だったが、大事なレースで思わぬ"落とし穴"にハマってしまった。

「パトロールビデオを見た限り降着は妥当ながらも、16日間という非常に重い騎乗停止処分となりました。

というのもルメール騎手は、3月に北村宏司騎手の落馬に繋がる騎乗停止処分を受けたばかり。さらに先月の皐月賞(G1)でもゴール前でヴェロックスの進路を妨害して過怠金処分を受けています。JRAの決裁が、これらの過程を重く見たということでしょう」(競馬記者)

 記者の言葉通りJRAの公式ホームページによると、今回のルメール騎手の処分に対して「2019年3月2日(土)にも不注意騎乗による騎乗停止処分を受けたにもかかわらず、短期間に同様の不注意騎乗を繰り返し行ったことを考慮し」と記載されている。度重なるラフプレーに厳しい処分が下った格好だ。

 この処分によってルメール騎手は12日のヴィクトリアマイル(G1)、19日のオークス(G1)などに騎乗できないが、それら以上にダメージが大きいのが26日の日本ダービー(G1)に騎乗できないことだろう。

JRAルメール「騎乗停止」日本ダービー(G1)騎乗アウト! 大本命サートゥルナーリア、凱旋門賞ブラストワンピースら代役は「あの騎手」たち?のページです。GJは、競馬、JRAサートゥルナーリアルメール日本ダービー騎乗停止の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!