NEW

JRAも注目「ケンタッキーダービー降着」訴訟寸前……ブックメーカーでも意見割れ「審議」考察の契機に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAも注目「ケンタッキーダービー降着」訴訟寸前......ブックメーカーでも意見割れ「審議」考察の契機にの画像1画像:チャーチルダウンズ競馬場/『競馬つらつら』より

 アメリカ競馬界が揺れている。

 5月5日に開催された米国3冠レースの第1戦、ケンタッキーダービー。強い降雨の影響で泥田のような馬場の中で行なわれたレースは、1角から先頭に立った1番人気のL.サエス騎手のマキシマムセキュリティが、そのまま逃げ切ってトップでゴール板を駆け抜けた。

 昨年の米3冠馬ジャスティファイに続く無敗のダービー馬の誕生かと思いきや、レース後に”物言い”がついた。逃げるマキシマムセキュリティが、第4コーナーで外に大きく膨らんでしまい他馬に接触。さらに複数のライバルの進路妨げたとして、他の陣営から異議申し立てが行なわれたからだ。

 レース後、約20分にわたる審議の結果、マキシマムセキュリティはケンタッキーダービー史上初の1位入線馬の降着が決定(17着)。2着に入線していた14番人気のカントリーハウスが優勝となり、3着以下もそれぞれ繰り上がった。

「今回はJRAが海外馬券発売を始めてから、3連単の最高配当額1629万8210円を記録する波乱の決着となりました。

 ですが、降着したマキシマムセキュリティのギャリー・ウェストオーナーは、審議の結果を不服として異議を申し立てしました。ところが、ケンタッキー州競馬委員会はこれを却下。そのため、陣営は法的に訴えることも示唆しています。また一部のブックメーカーでは降着はなく、そのままマキシマムセキュリティが勝利したとするところもあるなど、混乱はまだ続いているようです」(競馬誌ライター)

 そのマキシマムセキュリティ陣営は、第2戦のプリークネスステークスの回避を表明。また勝ち馬のカントリーハウスも、レース後にひどいせきをしていたためとして回避を発表している。米3冠初戦を制した馬が第2戦を回避するのは、23年ぶりだという。

 由緒正しいケンタッキーダービーで起こった異例の降着劇。この一件を受けて、アメリカでも降着制度の見直しを求める声が上がっているという。日本も審議・降着が物議を醸すことが多いだけに、これからどのような展開を見せることになるのだろうか。注意深く見守りたい。

JRAも注目「ケンタッキーダービー降着」訴訟寸前……ブックメーカーでも意見割れ「審議」考察の契機にのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!