NEW

【絶対に買ってほしい穴馬2頭を緊急ピックアップ!】武豊?デムーロ?空前絶後の大混戦JRAヴィクトリアマイル。

【この記事のキーワード】, ,
【絶対に買ってほしい穴馬2頭を緊急ピックアップ!】武豊?デムーロ?空前絶後の大混戦JRAヴィクトリアマイル。の画像1大混戦のヴィクトリアマイル

 今週行われるヴィクトリアマイルはまさに空前絶後の大混戦と言えるだろう。なんといっても傑出馬不在が大きい。出走馬のほとんどが最近のG1レースで好走実績がなく、また三頭のG1馬もこのところ未勝利など絶不調。そしてこのレースは2015年に2070万馬券が飛び出すなどまさに大波乱のレース。加えてNHKマイルCで1番人気グランアレグリアで騎乗停止となったクリストフ・ルメールが不在。グランアレグリアが出走したNHKマイルCでさえ3連単は41万馬券と波乱の結果になったのだ。まさに波乱の要素が揃い、万馬券狙いはもちろん一獲千金に最適なレースなのである。

 競馬ファンであればだれもが夢見る高額万馬券の的中。その絶好の機会がこのレースだ。今回このヴィクトリアマイルで高額配当を的中させるために、注目の穴馬を2頭をピックアップした。馬券の購入を予定している人は、ぜひ参考にしてもらいたい

 まずはデンコウアンジュだ。同馬は前走の福島牝馬S(G3)で2015年以来の3勝目をあげた。ヴィクトリアマイルは2017年に11番人気で2着の実績があり、東京マイルは重賞勝ちの実績もある。昨年12月以降、13番人気3着、12番人気4着、4番人気1着と着実に人気薄を覆して好走しているように、6歳になっても衰えは感じない。鞍上の柴田善臣騎手は、このレースを勝てば通算G1勝利数が2桁の10勝となるだけに、このチャンスに気合が入るだろう。

 続いて2頭目はフロンテアクイーン。同馬は前走の中山牝馬S(G3)で重賞初制覇。その前走ではノームコア、ミッキーチャーム、クロコスミアといった実力馬を下しており、看板負けはない。東京マイルは重賞での好走実績もあるし、2017年のヴィクトリアマイル、2018年のエリザベス女王杯と大舞台の経験もある。鞍上の三浦騎手は関東リーディング2位と好調で、この東京開催も5勝と勝ち星を挙げている。前走から余裕のあるローテーションも好感が持て、展開を問わない自在な脚質も魅力。混戦であればあるほど、こういうタイプが浮上しそうだ。

 以上、注目穴馬として2頭をピックアップしたが、ぜひ参考になればと思う。しかしこのレースはまだまだ我々の想像を絶するような出来事があるかもしれない。2015年に18番人気のミナレットが激走した時に、その走りを事前に予想できたものは誰もいなかっただろう。5年連続で1番人気が敗退しているように、このレースはそれほど難解なレースなのである。

【絶対に買ってほしい穴馬2頭を緊急ピックアップ!】武豊?デムーロ?空前絶後の大混戦JRAヴィクトリアマイル。の画像2競馬情報の最高峰といえばこの男

 そこでこのヴィクトリアマイルの的中をさらに高めるべく、競馬情報の最高峰と定評のある「WORLD競馬WEB(ワールド)」に最新の内部情報を聞いてみた。その結果、このヴィクトリアマイルでは我々の想像を絶する、さらに衝撃的な穴馬がいることが判明。それは競馬ファンならだれもが欲しかった「レースの核心」であった。

 ワールドは元JRA騎手の大西直宏氏や元JRA調教師の飯塚好次氏などが所属する、競馬情報のプロフェッショナル集団。この二人以外にも、競馬界を知り尽くす元関係者が多数在籍しており、そこから得られる関係者の内部情報は、例えばスポーツ紙やテレビの競馬番組、そして競馬専門紙といった「一般素人向け」のマスコミとは完全に別物だ。

 昨年のヴィクトリアマイルは8番人気ジュールポレール→1番人気リスグラシュー→7番人気レッドアヴァンセで決着して万馬券が飛び出したが、このワールドは

「昨年のヴィクトリアマイルは人気薄2頭の激走に驚いた一般ファンの方も多かったようですが、ワールドでは本番に向けて関係者の意気込みを聞いており、マスコミは無印でも勝負になると判断、自信の穴馬としてユーザーに推奨しており、キッチリと馬券を仕留めていますよ」

 と涼しい顔で語っている。それもそのはず、ワールドの情報網ではこの人気薄激走馬の「勝負情報」を事前に独占入手していたのだ。逆にスポーツ紙などマスコミの記事を読み返してみると、「体質面がしっかりしてきた。好位でうまく流れに乗りたいね」といった、何とも当たり障りのない内容となっていた。

 このヴィクトリアマイルは波乱のレースとなることはほぼ明白。あとはどの馬が馬券に絡むのか、その答えが知りたい。そこでワールドに直球で

「穴馬は何ですか?」

 と質問してみたところ、衝撃的な穴馬がいることが判明。それが冒頭で説明した「レースの核心」に繋がる重要なポイントだったのである。

【絶対に買ってほしい穴馬2頭を緊急ピックアップ!】武豊?デムーロ?空前絶後の大混戦JRAヴィクトリアマイル。の画像3衝撃の穴馬で一獲千金を狙え!

「今年はアエロリット、ミッキーチャーム、ラッキーライラック、レッツゴードンキ、さらにデムーロ騎乗のカンタービレ、武豊騎乗のソウルスターリングとまずまずのメンバーが揃いましたね。ただ、間違いなく言えますが、このレースには昨年のジュールポレールやレッドアヴァンセのような激走穴馬がいます。この馬の陣営は、マスコミには当たり障りのないコメントでかわしており、本音は自信満々といったものです。展開も含めてこの馬がレースの鍵を握り、結果として人気馬は厳しいレースになるでしょう。

 その馬名は手元の資料に記載されていますが、それをここで述べるのは今後の情報収集にも影響が出るため控えさせて下さい。しかしせっかくですので、読者のためにサプライズイベントを開催しましょう。今週のヴィクトリアマイルを含め、来週のオークス、再来週の日本ダービーまで3週連続で、ワールドが独占入手した激走穴馬を含む、『絞りに絞った3頭』を無料で提供します。ぜひこの3週間は、ワールドが提供する穴馬情報で高配当馬券を狙ってください」

 ワールドは昨年春の東京開催でもNHKマイルC(2万1840円)から、ヴィクトリアマイル(8850円)、オークス(3360円)、日本ダービー(7950円)まで4週連続でG1レースを的中させている。そしてこの春も、天皇賞(春)週には3連単13万3010円の高額万馬券を仕留めたほか、ゴールデンウィーク中も3連単4万5830円を筆頭に13本の万馬券を的中させるなど絶好調だ。

 今週の難解なヴィクトリアマイル、そして来週のオークスと日本ダービーは、ワールドが提供する極上の穴馬情報から目が離せない。組み合わせ次第では100万馬券も狙えるかもしれないのだ。ぜひこの無料情報をゲットし、ゴールデンウィークで散財して寂しくなった懐も、この週末で一気に温めておきたい。

CLICK→【無料公開!ダービーまで3週連続G1『絞りに絞った3頭』】ワールド

※この記事はPR記事です。

【絶対に買ってほしい穴馬2頭を緊急ピックアップ!】武豊?デムーロ?空前絶後の大混戦JRAヴィクトリアマイル。のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由