NEW

JRAカンタービレ陣営「まさかのミス?」 デムーロ騎乗で大チャンス、ヴィクトリアマイル東西情報を入手!

 12日に東京競馬場で開催されるヴィクトリアマイル(G1、芝1600メートル)。2005年にはJRAのG1における3連単の史上最高額である2070万5810円を記録するなど、とにかく荒れる傾向にあるレースだ。

 この一戦を前に東西両陣営から有力な情報が届けられた。レース前にご一読いただきたい。

JRAカンタービレ陣営「まさかのミス?」 デムーロ騎乗で大チャンス、ヴィクトリアマイル東西情報を入手!の画像1

 前走でまさかの敗戦を喫したラッキーライラック(牝4歳、栗東・松永幹夫厩舎)はここから巻き返しを図りたい。

 今年の中山記念(G2、芝1800メートル)では、強力なライバル相手に2着と好走。だが、単勝1.5倍の圧倒的1番人気に支持された阪神牝馬S(G2、芝1600メートル)では、道中で不利を受けた影響もあり、まさかの8着。多くの期待を裏切る結果に終わった。

「前走は誰の目にも力負けでないことは明らか。関係者も『振り返る必要はない』と話し、『あれが本番でなくて良かった。鞍上も前走を糧にしてくれるハズ』と前を向いていました。

 やれば動くタイプではあるものの、直前も坂路で50秒台と超抜な動きを見せているので調子は悪くないようです。広い東京競馬場ならば、前走のような不利を受けることもないはず。『前走の組に負けることはない!』と巻き返しに向けて並々ならぬ気合いを感じました」(栗東関係者A)

 2度目のG1戴冠なるか。

JRAカンタービレ陣営「まさかのミス?」 デムーロ騎乗で大チャンス、ヴィクトリアマイル東西情報を入手!の画像2

 今回の舞台で面白い存在なのがレッドオルガ(牝5歳、栗東・藤原英昭厩舎)だ。

 勝ち味に遅いタイプで、昨年の12月のターコイズS(G3、芝1600メートル)が重賞初出走(6着)。それでも今年の東京新聞杯(G3、芝1600メートル)で6番人気ながら、インディチャンプとは半馬身差の2着。サトノアレス、タワーオブロンドンら実績馬相手に先着してみせた。

 前走の阪神牝馬S(G2、1600メートル)では、3番人気に支持されたものの7着。だが、勝ち馬とは0.1秒差だったため、着順が力量差を表していると考えないほうが無難だ。

「関西の馬ながら、東京競馬場では5戦していずれも馬券圏内を確保。関係者も『左回りだとテンの行きっぷりからして違う。コーナーリングもスムーズだし、まるで別馬』と舌を巻いていました。

 ちょっと時間が掛かりましたが、ようやく精神、馬体に安定感が出てきたように思います。完成も近いのでしょうが、少し血統が気がかり。母馬エリモピクシーはリディル、クラレントなど多くの重賞勝ち馬を輩出した名牝。ただ惜しいところまで行くものの、G1制覇まではあと一歩届いていません。このジンクスを覆してもらいたいところなのですが……」(栗東関係者B)

 今度こそ大舞台で強さを見せてもらいたい。

JRAカンタービレ陣営「まさかのミス?」 デムーロ騎乗で大チャンス、ヴィクトリアマイル東西情報を入手!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由