NEW

JRAオークス(G1)「大器」ラヴズオンリーユーに不安!? 忘れな草賞「馬なり圧勝」もM.デムーロ騎手が残した「気になる言葉」

JRAオークス(G1)「大器」ラヴズオンリーユーに不安!? 忘れな草賞「馬なり圧勝」もM.デムーロ騎手が残した「気になる言葉」の画像1

 果たして、どこまで強いのか――。

 19日に東京競馬場で開催されるオークス(G1)は、3歳牝馬の頂点を決める戦いだ。今年は桜花賞馬グランアレグリアが不在ながら、2着シゲルピンクダイヤを筆頭に3歳牝馬のトップクラスがそろい踏み。

 そういった中、底知れぬスケールを秘めたラヴズオンリーユー(牝3歳、栗東・矢作芳人厩舎)が、いよいよベールを脱ごうとしている。

 デビュー戦、白菊賞(500万下)とスタートで後手を踏みながらも、上がり3ハロン最速で快勝。桜花賞(G1)に登録するも除外の憂き目にあったが、同週の忘れな草賞(OP)では、好位から早めに抜け出すと、後続をまったく寄せ付けずに3馬身差の圧勝を飾っている。

 この走りにはM.デムーロ騎手も「強かったです」と絶賛。「直線では馬なりで伸びました。すごく良い脚でした」とコメントしている通り、ノーステッキでの圧勝劇だった。矢作芳人調教師によると、これで「6~7分の出来」というのだから、さらに期待が高まる。

 そんな底知れぬ大器が、いよいよ同世代の一線級と激突する。過去に忘れな草賞からの直行でオークス馬になったのは2015年のミッキークイーン、2011年のエリンコート、1998年のエリモエクセル、1994年のチョウカイキャロルと4頭いるが、これほどの圧勝はチョウカイキャロルの4馬身差以来の衝撃だ。

JRAオークス(G1)「大器」ラヴズオンリーユーに不安!? 忘れな草賞「馬なり圧勝」もM.デムーロ騎手が残した「気になる言葉」のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由