NEW

JRA和田竜二「テイエムオペラオー因縁コンビ」シゲルピンクダイヤでオークス(G1)戴冠へ。ダイワメジャーも関係なし?

【この記事のキーワード】, , ,
JRA和田竜二「テイエムオペラオー因縁コンビ」シゲルピンクダイヤでオークス(G1)戴冠へ。ダイワメジャーも関係なし?の画像1

 19日に3歳牝馬クラシック第2弾オークス(G1、芝2400メートル)が行われる。桜花賞(G1、芝1600メートル)で2着だったシゲルピンクダイヤ(牝3歳、栗東・渡辺薫彦厩舎)について検討しよう。

 シゲルピンクダイヤは桜花賞トライアル、チューリップ賞(G2、芝1600メートル)でダノンファンタジーの2着となり桜花賞の出走権を獲得。桜花賞でも2着に好走した。桜花賞では7番人気だったので、勝ったグランアレグリアとの馬連が4410円、馬単が5700円とまずまずの好配当だった。今回は桜花賞より人気になるが、それでも連に絡めばそこそこの配当を見込めそうだ。

 鞍上は新馬戦以来ずっと騎乗している和田竜二騎手。シゲルピンクダイヤと和田騎手のコンビは一昨年のオークス2着馬モズカッチャンとダブるところがある。ともに2歳時には目立たなかったが、3歳になって高い素質を発揮しはじめた。また、和田竜二騎手はノーザンファーム御用達の騎手ではない。したがって、モズカッチャンやシゲルピンクダイヤといった非社台系牧場生産の馬が似合う。

 シゲルピンクダイヤは2017年の北海道セレクションセールでシゲルの冠名で有名な森中蕃(しげる)氏に1728万円で落札された。渡辺薫彦調教師が「ぜひ買ってください」と推薦したそうだ。森中氏はそれほど高額でない馬を多く所有。3歳クラシックに出走するには2歳秋に登録が必要だが、3歳クラシックに登録する馬は多くない。これも渡辺調教師の要請があって登録したという。

 なお、森中氏は世代ごとに馬名をテーマで統一している。シゲルピンクダイヤは2016年生まれであり、この年のテーマは宝石。今年の2歳場のテーマは宇宙。シゲルチキュウ、シゲルタイヨウなどがいる。

JRA和田竜二「テイエムオペラオー因縁コンビ」シゲルピンクダイヤでオークス(G1)戴冠へ。ダイワメジャーも関係なし?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  9. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?