NEW

JRAオークス(G1)ダノンファンタジー「距離克服」は可能か? 川田将雅騎手も懸念した桜花賞(G1)完敗の「本当の理由」

【この記事のキーワード】, , ,
JRAオークス(G1)ダノンファンタジー「距離克服」は可能か? 川田将雅騎手も懸念した桜花賞(G1)完敗の「本当の理由」の画像1

 最大のライバルが不在である以上、「復権」は絶対の課題だ。

 19日に東京競馬場で開催されるオークス(G1)は、2歳女王ダノンファンタジー(牝3歳、栗東・中内田充正厩舎)にとって負けられないレースとなる。

 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)勝ちを含む4連勝と破竹の勢いに乗って挑んだ、前走の桜花賞(G1)。ダノンファンタジーは単勝2.8倍の1番人気に推されたものの4着と、キャリア初の馬券圏外に完敗した。

 先に動いたライバル・グランアレグリアを追いかける「勝ちに行く競馬」をしたが、主戦の川田将雅騎手が「勝ち馬が早めに動いていく形になり、追いかけざるを得なかった分、苦しくなってしまいました」と振り返った通り、ゴール前で失速……シゲルピンクダイヤやクロノジェネシスにも先着を許してしまった。

 陣営は、そんな桜花賞を振り返り「桜花賞は勝ち馬を追いかけていく形での4着。よく頑張ったし、内容あるレースをしてくれた」と評価しているが、今や桜花賞以前までの「女王」ではなくなったダノンファンタジー。

 オークスでの巻き返しが期待されるものの「さらに厳しい戦いになる」という声もある。

JRAオークス(G1)ダノンファンタジー「距離克服」は可能か? 川田将雅騎手も懸念した桜花賞(G1)完敗の「本当の理由」のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA“父親参観”横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配
  3. JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデント
  4. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  5. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  6. JRAタイトルホルダー、オーソクレース撃破も「鞍上問題」が強敵!? AJCC(G2)重賞未勝利の元主戦に師匠からの「恩情」再登板あるか
  7. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  8. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?
  9. JRA「耐える 1年だった」藤田菜七子の厳し過ぎた現実!? 菜七子ルール適用も成績右肩下がり、伸び悩みに「ここ2年の自分と何が違うんだろう……」
  10. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補