NEW

武豊「レーンに雪辱」なるか!? オークス(G1)シェーングランツ「史上初」姉妹制覇に不安はなし?

武豊「レーンに雪辱」なるか!? オークス(G1)シェーングランツ「史上初」姉妹制覇に不安はなし?の画像1

 19日にオークス(G1、芝2400メートル)が開催される。武豊騎手が騎乗するシェーングランツ(牝3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)は史上初となる姉妹によるオークス制覇を達成できるのだろうか。

 年明けからリーディング上位を走ってきた武豊騎手は4月あたりから雲行きが怪しくなり、5月はまだ2勝しか上げていない。現在は3位に留まっているものの、すぐにも戸崎圭太騎手に抜かれてしまいそうな気配。5月から短期免許で初来日したD.レーン騎手の快進撃に歩調を逆に合わせているかのようだ。それを象徴していたのが5月11日(土)の東京競馬だった。

 9R夏木立賞(3歳500万下、芝2000メートル)で武豊騎手のサトノエルドールはレーン騎手のヴァンランディをマーク。直線で武豊騎手が並びかけるとレーン騎手は待ってましたとばかりに追い始める。サトノエルドールも良く伸びたものの2着。11R京王杯SC(G2、芝1400メートル)では武豊騎手のリナーテとレーン騎手のタワーオブロンドンは道中では並走。武豊騎手はレーン騎手よりもワンテンポ遅らせてスパートしたが、やはりタワーオブロンドンに届かずの2着だった。

 どちらのレースもレーン騎手の騎乗馬が1番人気だったので、武豊騎手が2着を確保したのはさすがと言える。とはいえ、武豊騎手が騎乗する馬の馬質は往年に比べかなり落ちているからこそ、1番人気にならないのも事実。現在の武豊騎手は決して恵まれているとは言えない馬質で戦っていくしかない。

武豊「レーンに雪辱」なるか!? オークス(G1)シェーングランツ「史上初」姉妹制覇に不安はなし?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか