NEW

JRAオークス(G1)クロノジェネシス「北村友一クビ危機」回避なるか!? 2週連続姉妹制覇へ能力は折り紙付き

【この記事のキーワード】, , ,
JRAオークス(G1)クロノジェネシス「北村友一詰まり」だけが不安!? 2週連続姉妹制覇へ能力は折り紙付きの画像1

 19日に開催されるオークス(G1)は絶対的な存在がいない混戦模様。令和最初の樫の女王決定戦は悩ましいレースとなりそうだ。

 しかし、さすがにファンもこの馬を無視することはできないだろう。昨年の阪神JF2着、今年のクイーンC1着、桜花賞3着のクロノジェネシス(牝3 栗東・斉藤崇史厩舎)だ。

 クロノジェネシスはここまで5戦3勝、上がり3Fはデビューから3戦は最速、その後の2戦は2位の”キレ系女子”だ。桜花賞では最速のシゲルピンクダイヤとクロノジェネシスだけが32秒台の脚を繰り出した。

 もともとレースぶりや実績から、桜花賞よりも「府中向き」「オークス向き」という声も多かった同馬だが、今回に関してはさらなる「追い風」も吹いている。

「クロノジェネシスの半姉であるノームコアが、先週のヴィクトリアマイルをレコード勝利しました。レースはアエロリットが暴走ともいえるハイペースで飛ばし、マイル戦ながら高速馬場対応のみならず、最後はスタミナも要求されるレース展開だったといえます。ノームコアは2000mの紫苑Sを勝利しており、3着クロコスミアも理想の距離はもっと長い馬。結果にも表れていますね。

クロノジェネシスも同じ母を持ち、さらに父は2010年の菊花賞馬ビッグウィークを輩出したバゴ。ノームコアよりもさらに距離が持ちそうな血統背景ではないでしょうか」(競馬誌記者)

JRAオークス(G1)クロノジェネシス「北村友一クビ危機」回避なるか!? 2週連続姉妹制覇へ能力は折り紙付きのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  5. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  6. JRA“父親参観”横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配
  7. JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデント
  8. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  9. JRAタイトルホルダー、オーソクレース撃破も「鞍上問題」が強敵!? AJCC(G2)重賞未勝利の元主戦に師匠からの「恩情」再登板あるか
  10. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?