NEW

武豊「ピサに似てる」素質がオークス(G1)で開花!? エールヴォア「距離延長歓迎」で穴チャンス到来

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊「ピサに似てる」素質がオークス(G1)で開花!? エールヴォア「距離延長歓迎」で穴チャンス到来の画像1

 19日(日)に3歳牝馬クラシック第2戦オークス(G1、芝2400メートル)が行われる。この1戦でエールヴォア(牝3歳、栗東・橋口慎介厩舎)が巻き返しを誓う。

 ヴィクトワールピサ産駒のエールヴォア。2017年のセレクトセール1歳で、864万円という破格値で落札されるなど、期待の一頭というわけではなかった。

 だが、武豊騎手が新馬戦の追い切りで騎乗した際に「ヴィクトワールピサに似てる」と、日本競馬史上唯一ドバイワールドカップを制した父を引き合いに出して高評価。結局、エールヴォアが左前肢跛行で回避したため、このコンビでの出走は叶わなかったが、ここから同馬への注目度はあがり始めた。

 故障が癒えて臨んだ新馬戦(芝1500メートル)こそ2着に終わったものの、1カ月後の未勝利戦(芝1800メートル)で後続に6馬身差をつけて快勝すると、アルテミスS(G3、芝1600メートル)へ。そこでは最後の直線で馬群を縫うように進出して3着。その後のエリカ賞(芝2000メートル)では、ヴィルシーナ産駒のブラヴァス、タガノディアマンテら牡馬を相手に快勝。武豊騎手が見初めた同馬の実力が本物であることを証明してみせた。

 今年は始動戦となったフラワーC(G3、芝1800メートル)で1番人気に支持されるも、逃げたコントラチェックを捉えきれずに2着。そして、挑んだ桜花賞(G1、芝1600メートル)では出遅れも影響し、7着に終わっている。

「レース後、松山弘平騎手は『スタートでトモをすべらせてしまった』と語り、最後方からの競馬となったのに加え、1枠2番という内枠だったため、『包まれてしまったので、前につけたかった』と無念さを語っていました。ただそこまで悪条件だったにもかかわらず、上がり2位タイ32.9秒の脚を見せて7着にまで上がっています。巻き返せるだけの力は秘めているはずです」(競馬記者)

武豊「ピサに似てる」素質がオークス(G1)で開花!? エールヴォア「距離延長歓迎」で穴チャンス到来のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!