NEW

武豊「表記ミス」日本ダービー勝利数(弥生賞馬)を間違え。メイショウテンゲンに「秘策」あり?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊「表記ミス」日本ダービー勝利数(弥生賞馬)を間違え。メイショウテンゲンに「秘策」あり?の画像1

 2週間後に迫ってきた日本ダービー(G1、芝2400メートル)。今年、武豊騎手は『お手馬がいない』と自嘲気味に自身HPの日記に綴るなど、参戦が危ぶまれていたものの、直前で弥生賞の勝ち馬・メイショウテンゲンへの騎乗が決定。これで令和初となるダービーへの出走が叶った。

 その武豊騎手がHPの日記で日本ダービーへの思いを綴っている。

 武豊騎手はメイショウテンゲンの1週前追い切りに騎乗し、「さすがと言いたくなるいい背中でした」と称賛し、母馬メイショウベルーガにも騎乗経験があるため、「ノンビリした性格はよく似ていました」と感想を明かした。

 そして道悪を苦手にしないため「雨乞いをしたい気分ですが、今の東京の馬場はちょっとやそっとでは時計がかかる状態にはなりそうにありません」とし、「決して硬いわけでもなく、絶妙なクッションで走りやすいんです」と馬場の感想を語り、「そうした条件でどう戦うか考えます。差し当たって言えるのは、弥生賞馬で挑むダービーということでしょうか。ボクは弥生賞の勝ち馬でダービーを3回勝っていますからね。そこを強みとしましょうか」と明かしている。

「武豊騎手が道悪での勝負を望んでいるのは、メイショウテンゲンが得意としているだけではなく、切れ味勝負では分が悪いと考えているからでしょうね。そのため、積極的に前に出る競馬を見せてくれるのではないでしょうか。

 武豊騎手は『弥生賞の勝ち馬でダービーを3回』とそこに勝利のカギがあるかのように綴っています。武豊騎手だけがつかんでいる”秘訣”のようなものがあるのかもしれません。ただ、武豊騎手は『弥生賞の勝ち馬でダービーを3回勝って』と書いてますが、実はスペシャルウィーク、ディープインパクトの2回なんですよね。武豊騎手は史上最多の日本ダービー5勝をあげていますが、残りの勝ち馬であるアドマイヤベガは弥生賞2着、タニノギムレットは弥生賞に出走しておらず、キズナは弥生賞5着に終わっているんですよ。ちょっとらしからぬミスですね(笑)」(競馬誌ライター)

武豊「表記ミス」日本ダービー勝利数(弥生賞馬)を間違え。メイショウテンゲンに「秘策」あり?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!