NEW

JRA日本ダービー(G1)大器覚醒ヴェロックス「打倒サートゥルナーリア」へ超抜時計!!「余裕があるから負荷をかけられる」【日本ダービー1週前追い切り】

JRA日本ダービー(G1)大器覚醒ヴェロックス「打倒サートゥルナーリア」へ超抜時計!!「余裕があるから負荷をかけられる」【日本ダービー1週前追い切り】の画像2

 皐月賞で「3強」を印象付けたダノンキングリー(牡3歳、美浦・萩原清厩舎)は、距離の克服が課題になりそうだ。

 美浦のウッドで1週前追い切りを行ったダノンキングリーは、6ハロン79.3秒。道中は折り合いを意識し、直線に入るとムチをしっかり入れて、ラストは12.8秒。見守った萩原調教師は「帰厩後も順調に来て、追い切りの動きも良かった」と好感触を得たようだ。

 併せ馬にもきっちりと先着し、陣営も「距離が、さらに延びることについても問題はない」と納得の表情。兄弟は短距離での活躍が目立つが、皐月賞の走りからも大崩れはなさそうだ。

JRA日本ダービー(G1)大器覚醒ヴェロックス「打倒サートゥルナーリア」へ超抜時計!!「余裕があるから負荷をかけられる」【日本ダービー1週前追い切り】の画像3

 ダービー5勝を誇る武豊騎手は、今年は弥生賞馬のメイショウテンゲン(牡3歳、栗東・池添兼雄厩舎)で参戦する。

 栗東のCウッドで1週前追い切りを行ったメイショウテンゲンは、併せ馬を2馬身追走して、わずかに先着フィニッシュ。この日が初コンタクトとなった武豊騎手は「この馬としてはいい動き」と高評価。「ちょっとのんびりした性格。イメージ通りです」と本番に向けた感触を掴んでいた。

JRA日本ダービー(G1)大器覚醒ヴェロックス「打倒サートゥルナーリア」へ超抜時計!!「余裕があるから負荷をかけられる」【日本ダービー1週前追い切り】のページです。GJは、競馬、の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!