NEW

日本ダービー(G1)サートゥルナーリア「代役」レーン騎手に日本競馬の洗礼!? 一抹の不安を抱かせる”豪州の若き天才”の「東京・芝2400m」成績

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ダービー(G1)サートゥルナーリア「代役」レーン騎手に日本競馬の洗礼!? 一抹の不安を抱かせる豪州の若き天才の「東京・芝2400m」成績の画像1

 26日に東京競馬場で開催される日本ダービー(G1)。今年の「主役」は文句なしに無敗の皐月賞馬サートゥルナーリア(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)だ。

 先週は無敗のオークス馬が誕生したが、こちらもここまで4戦4勝の無敗。それもG1・2勝という、この上ない成績だ。特に前走の皐月賞(G1)では、昨年のホープフルS(G1)以来のぶっつけ本番という型破りなローテーションで快勝だった。

 陣営は早くから「ダービー狙い」を公言しており、大手ポータルサイト『netkeiba.com』の事前予想でも単勝1.7倍の圧倒的な人気。2005年の三冠馬ディープインパクト以来、無敗の二冠馬が誕生することが濃厚とみられている。

 2歳のデビュー時から「特別な存在」として取り上げられてきたサートゥルナーリア。順調にサクセスストーリーを歩み、ダービーの結果次第で秋には凱旋門賞(仏G1)挑戦プランも。日本競馬を代表する歴史的名馬になるまで、あと一歩といえる存在だろう。

 しかし、そんな順風満帆のサートゥルナーリアにも、1つだけ大きなアクシデントがあった。主戦のC.ルメール騎手が騎乗停止となり、日本ダービーで騎乗できなくなったことだ。

 大舞台での”代役”を託されたのが「豪州の若き天才」D.レーン騎手。日本初参戦から、すぐに重賞を勝ち、先日のヴィクトリアマイル(G1)では、ルメール騎手が騎乗予定だったノームコアで日本G1初制覇。代役の重責を完璧にこなしていると述べても過言ではない。

 ここまで早くも15勝を上げ、勝率0.254は川田将雅騎手に続く第2位、3着以内率0.525も川田、ルメール騎手に続く第3位と、「天才」の名に恥じない超一流の結果を残しているレーン騎手。だからこそテン乗りの騎手が64年間勝てていないデータを吹き飛ばすように、これだけ圧倒的な支持を得ているのだ。

 しかし、そんなレーン騎手にも「死角」があるようだ。

「オーストラリアは1200mのレースが多いので、普段の倍走りますよ、と(笑)」

日本ダービー(G1)サートゥルナーリア「代役」レーン騎手に日本競馬の洗礼!? 一抹の不安を抱かせる”豪州の若き天才”の「東京・芝2400m」成績のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!