NEW

日本ダービー(G1)リオンリオン横山武史は”身内びいき”にあらず!? 父・横山典弘が「相当なもんになる」と絶賛した”天才2世”が波乱演出!?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ダービー(G1)リオンリオン横山武史は身内びいきにあらず!? 父・横山典弘が「相当なもんになる」と絶賛した天才2世が波乱演出!?の画像1リオンリオン 競馬つらつらより

 天才が「天才」と認める秘蔵っ子が、いよいよG1の大舞台でベールを脱ぐ。

 26日に東京競馬場で開催される日本ダービー(G1)に出走するリオンリオン(牡3歳、栗東・松永幹夫厩舎)に、デビュー3年目の横山武史騎手が騎乗することが話題になっている。

 リオンリオンは横山武史騎手の父・横山典弘騎手の手綱で、ダービートライアルの青葉賞(G2)を逃げ切り勝利。貴重なダービー切符を掴んだものの、先週18日に横山典騎手が騎乗停止処分を受け、鞍上が空白になっていた。

 そこで白羽の矢が立ったのが、横山典騎手の三男にあたる横山武騎手だ。これまで重賞で3度騎乗した経験があるものの、G1は初騎乗。初の大舞台が日本ダービーという国民的レースとなった。

「岩田康誠騎手や北村友一騎手など、有力なジョッキーが候補に挙がる中、この選択は意外でしたね。横山典騎手の息子に当たるだけに、どうしても”身内びいき”の噂が立ってしまいますが、松永幹夫調教師は『親子だからというよりは、腕を買って』と話している通り、面白い選択だと思います。

というのもデビューイヤーが13勝、2年目が35勝だった横山武騎手ですが、今年はすでにここまで25勝と大きく飛躍。ローカル中心ながら2月の小倉と、今月の新潟で開催リーディングを獲るなど、今注目の若手騎手に成長しています。現在リーディング18位ということは、18頭しか出られない日本ダービーの”椅子”に座る資格があるといえるんじゃないでしょうか」(競馬記者)

「アイツは恐らく、相当なもんになる」

日本ダービー(G1)リオンリオン横山武史は”身内びいき”にあらず!? 父・横山典弘が「相当なもんになる」と絶賛した”天才2世”が波乱演出!?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!