NEW

JRA日本ダービー(G1)ヴェロックス川田将雅「イライラ爆発」寸前!? 春G1で「4度の不利」”怒り”の打倒サートゥルナーリアへ「極限」仕上げ!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA日本ダービー(G1)ヴェロックス川田将雅「イライラ爆発」寸前!? 春G1で「4度の不利」怒りの打倒サートゥルナーリアへ「極限」仕上げ!の画像1

 26日には、いよいよこの春最大のビッグイベント日本ダービー(G1)が東京競馬場で開催される。

 3月末の高松宮記念(G1)を皮切りに、ここまで大きな盛り上がりを見せている春の連続G1開催。だが、今春のG1レースはとにかく有力馬の「斜行」や、それに伴う「制裁」が目立っている印象だ。

 目立つところではまず、春G1開幕を告げる高松宮記念で1番人気のダノンスマッシュが3コーナーで内側へ斜行。鞍上の北村友一騎手には過怠金10万円の処分が下り、その後、コンビ解消の憂き目に遭っている。

 また皐月賞(G1)でも1番人気のサートゥルナーリアが、最後の直線で内側に斜行。結果的に降着処分はなく優勝が認められたが、不利を受けた2着ヴェロックスとはアタマ差だっただけに、レース後には大きな議論を生んだ。

 この時には過怠金5万円の処分で済んだC.ルメール騎手だったが、”併せ技一本”で騎乗停止処分を食らったのが、NHKマイルC(G1)だ。騎乗したグランアレグリアが、最後の直線で外側に斜行。ルメール騎手は16日間の騎乗停止となり、日本ダービーに騎乗できない大きなアクシデントとなった。

 さらに先週のオークス(G1)では、シャドウディーヴァが最後の直線で外側に斜行。鞍上の岩田康誠騎手が戒告処分を受けたことは記憶に新しいはずだ。

 最高の栄誉を懸け、極限状態で競い合うG1レースだけに、こういったアクシデントは珍しくはない。だが、上記した「すべての不利に巻き込まれている騎手」がいるとすれば、それはもう「不幸」と述べざるを得ないだろう。

 実は、日本ダービーでサートゥルナーリアとの逆転を狙うヴェロックスの鞍上・川田将雅騎手こそが、”それ”に当たるというから驚きだ。

JRA日本ダービー(G1)ヴェロックス川田将雅「イライラ爆発」寸前!? 春G1で「4度の不利」”怒り”の打倒サートゥルナーリアへ「極限」仕上げ!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!