NEW

JRA日本ダービー(G1)M.デムーロVS川田将雅「仁義なき争い」第2幕!? 皐月賞後「殴り合い寸前」口論から”因縁の火”メラメラ……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA日本ダービー(G1)M.デムーロVS川田将雅「仁義なき争い」第2幕!? 皐月賞後「殴り合い寸前」口論から因縁の火メラメラ......の画像1

 26日に行われる日本ダービー(G1)はサートゥルナーリア、ヴェロックス、ダノンキングリーら「3強」の再戦が大きな注目を集めているが、ある事情通の関係者によると2人のトップジョッキーによる「因縁の再戦」も要注目だそうだ。

「レース後は、周りが止めないと殴り合いのケンカになる寸前だったからね……」

 日本ダービーの前哨戦となった皐月賞(G1)レース後の出来事だった。

 激しい言い争いをしていたのは、ヴェロックスに騎乗していた川田将雅騎手と、アドマイヤマーズに騎乗していたM.デムーロ騎手。どうやら勝負所の4コーナーで外から進出したかったアドマイヤマーズの進路を、ヴェロックスが蓋をして厳しく締めたのが”ケンカ”の発端となったらしい。

「先に突っかけたのはデムーロ。川田としてはG1の舞台だし、有力馬の進路を厳しく締めることはよくあること。だけどデムーロとしては、それが我慢ならなかった様子……。かつて主戦だったサートゥルナーリアが勝ったことも、少なからず影響していたのかな。まあデムーロの気持ちもわかるけど、あれはエキサイトし過ぎだね……」(関係者)

 確かに、ヴェロックスに進路を絞められて内に切り替えざるを得なくなったアドマイヤマーズは、そこで仕掛けが遅れ、サートゥルナーリアやヴェロックスに先を越された格好だった。さらに直線に入って、サートゥルナーリアに馬体を併せに行こうとしたところを、先にヴェロックスに入られて、再び進路を切り替える羽目に……。

 両馬に対する制裁などはなかったが、デムーロ騎手としては我慢ならなかったようだ。

 また、前出の関係者曰く、その後に別のレースが原因で川田騎手が騎乗停止となった際、デムーロ騎手は大喜びだったという。一昨年にはレース中の進路を巡って、デムーロ騎手が川田騎手に肘打ちを食らわして過怠金処分を受ける前代未聞の事件があったが、今年の皐月賞を巡って両者の溝はさらに深まってしまったということだろうか。

 あれから約1か月半。日本ダービーを迎える今週になっても、両者の「因縁の火」はまだまだ消えていないようだ。

JRA日本ダービー(G1)M.デムーロVS川田将雅「仁義なき争い」第2幕!? 皐月賞後「殴り合い寸前」口論から”因縁の火”メラメラ……のページです。GJは、競馬、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!