NEW

パチンコ年末は「閉店ラッシュ」の可能性!? 「みなし機」の年内完全撤去で中小ホールは大打撃!!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ年末は「閉店ラッシュ」の可能性!? 「みなし機」の年内完全撤去で中小ホールは大打撃!!の画像1

■「みなし機」とは

 パチンコ機・パチスロの機の有効期限は、検定後3年+認定後3年の最長6年となっているものの、資金的な問題でこまめに台の入れ替えができない中小ホールでは、同期限切れ後も遊技台の設置を続けるケースが少なくなくありませんでした。これが所謂「みなし機」と呼ばれているものです。

■「みなし機」の完全撤去が決議

 この「みなし機」に関して、全国のホールが加盟している全日遊連(全日本遊技事業協同組合連合会)は、先月4月19日に実施された理事会で「みなし機」の年内完全撤去を決議したのです。

 同決議内容はおおまかに以下の通り。

1.旧規則機の区分について

(1)改正規則の施行日前に検定・認定の有効期間が満了した遊技機

「A」比較的射幸性の低い遊技機
「B」上記の「A」以外の遊技機

(2)改正規則の施行日後に検定・認定の有効期間が満了する遊技機

「A」すでに検定・認定の有効期間が満了した遊技機
「B」今後、検定・認定の有効期間が満了する遊技機

2.旧規則機の取扱いについて

 旧規則機の取扱いについては次のとおりとする。

【1】万が一設置していた場合、速やかに撤去する遊技機
 →旧規則機の区分(1)の「B」及び(2)の「A」

【2】検定・認定の有効期間が満了するまでに撤去する遊技機
 →旧規則機の区分(2)の[B]

【3】本年12月31日までに撤去する遊技機
 →旧規則機の区分(1)の「A」

 この決定を分かり易く解説すると、

 今まで『北斗転生』など「高射幸性遊技機」は最長6年の有効期限が切れた時点で即撤去が原則でしたが、甘デジやAタイプなど射幸性が低い機種については「みなし機」として期限切れ後もホールへの設置が黙認されておりました。

 しかし今後は、甘デジやAタイプも最長6年の有効期限が切れた時点で撤去しなければならないということ。

 また、現在ホールに設置されている「みなし機(期限切れ台)」も、高射幸性遊技台に当てはまるものは即時撤去。それ以外の甘デジやAタイプも2019年度内にホールから完全撤去しなければならなくなったのです。

パチンコ年末は「閉店ラッシュ」の可能性!? 「みなし機」の年内完全撤去で中小ホールは大打撃!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!