NEW

パチスロ『ジャグラー』”最大の宿敵”が6号機へ本格参戦! 王者の「原点回帰」に高まる期待

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ『ジャグラー』最大の宿敵が6号機へ本格参戦! 王者の「原点回帰」に高まる期待の画像1

 パチスロは6号機からボーナスのみで出玉を増やす「ノーマルタイプ」は、最大払い出し枚数が300枚へと大幅に減少。そのため、現状リリースされている多くの6号機が「ATタイプ」という状況だ。

 そんななか、大手パチスロメーカー・ユニバーサルエンターテインメント(以下、ユニバーサル)に属するアクロスから『ドンちゃん2』がリリースされた。導入台数は少ないながらも、ホールの需要を意味する中古機価格は約54万円(5月21日現在)と、一定の支持を受けていることは間違いない。ホールの稼働状況も良好といった印象だ。

 だが、この『ドンちゃん2』以降、6号機ノーマルに関する新台情報は今のところ存在しない。かのノーマル界の王者『ジャグラー』シリーズで知られる北電子すらも、初6号機はATタイプ『マイフラワー30』をリリースするほどだ。

「正確にいえば、6号機のノーマルタイプは『ドンちゃん2』の他、京楽産業.さんから『ぱちスロ ゲッターロボ』がリリースされましたが、それでも2機種のみ。5号機の完全撤去以降、このままいくとノーマル市場は”枯渇状態”になることは明らかです。

ユーザーがそのスペックに慣れるか、もしくはボーナスの獲得枚数をカバーする”別の魅力”が必要でしょう。メーカーさんの”手腕”に期待ですね」(記者)

『マイフラワー30』のように、ノーマルタイプに極力近づけたゲーム性の機種は今後も市場に投入されそうだが、完全なる純ノーマルタイプの登場は果たしていつ頃になるのか。今後の動向から目が離せないが……。

パチスロ『ジャグラー』”最大の宿敵”が6号機へ本格参戦! 王者の「原点回帰」に高まる期待のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!