NEW

JRA日本ダービー【最終追い切り】大本命サートゥルナーリア「1強」満点回答!! 一発逆転へ「状態はすごくいい」アノG1・2着馬が不気味!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA日本ダービー【最終追い切り】大本命サートゥルナーリア「1強」満点回答!! 一発逆転へ「状態はすごくいい」アノG1・2着馬が不気味!?の画像1

 26日の日本ダービー(G1)に向け、出走各馬が最終追い切りを行った。

 いよいよ、令和最初のダービー馬が決まろうとしている。各馬が虎視眈々と最終調整を行う中、「大本命」サートゥルナーリア(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)が強烈な存在感を放った。

 栗東のCウッドで最終追い切りを行ったサートゥルナーリアは6ハロン83.0秒、ラスト11.7秒。スムーズなコーナリングから最後の直線に向くと、オープン馬の併せ馬タニノフランケルを一瞬で抜き去った。

 この動きには陣営も「先行した馬の後ろで冷静に我慢ができて、加速するときのスピードも速かった」と絶賛。「文句のつけようがない状態で、前回より心身ともいい」と無敗の二冠達成へ、完璧な仕上がりをアピールしている。

 静かな気配の中、極限の仕上がりを見せたのがヴェロックス(牡3歳、栗東・中内田充正厩舎)だ。

JRA日本ダービー【最終追い切り】大本命サートゥルナーリア「1強」満点回答!! 一発逆転へ「状態はすごくいい」アノG1・2着馬が不気味!?の画像2

 栗東のCウッドで行った先週の1週前追い切りで、6ハロン78.5秒の一番時計を叩き出したヴェロックス。この日は「輸送もあるので調整程度」(中内田調教師)。6ハロン82.9秒と先週ほどの時計ではないが、逆に言えばすでに万全の仕上がりになっているからこそ。「しまいの動きもしっかりしていた」と話すラスト11.5秒は、さすがのキレだった。

「上積みはあってもいいと思う」打倒サートゥルナーリアへ。陣営はあくまで強気の姿勢だ。

JRA日本ダービー【最終追い切り】大本命サートゥルナーリア「1強」満点回答!! 一発逆転へ「状態はすごくいい」アノG1・2着馬が不気味!?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!