Business Journal >  > 競馬 > 栗東(秘)情報  > 3ページ目
NEW

JRA日本ダービー(G1)栗東からサートゥルナーリアの「(秘)情報」! ライバル筆頭「ヴェロックス」の話も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 展開の鍵を握る1頭と見られているのがリオンリオン(松永幹夫厩舎)だ。

 前走の青葉賞(G2、芝2400メートル)では逃げて勝利。日本ダービーへの出走権を得ていた。だが、その立役者となった横山典弘騎手がまさかの騎乗停止。息子の横山武史騎手とともに大舞台に挑戦することになった。

「心肺機能に優れた馬。横山典騎手が持ち味を引き出してくれたおかげで勝利をあげることができました。日本ダービーも自分のペースで運んで長くいい脚を使えれば、上位進出もあり得るでしょう。

 ただやはり乗り替わりが痛い。横山武騎手が調教で騎乗しましたが、関係者は『予定より時計が遅い。一体感が物足りない』と話していましたね。本格化はまだ先のようですし、今回の相手を前に逃げ切るのは難しいかも」(栗東関係者D)

 ダービー最終便とも言われる京都新聞杯(G2、芝2200メートル)を勝ったレッドジェニアル(高橋義忠厩舎)。

 年明けにデビューしてここが6戦目。使い詰めからくる疲労が気になるところだが、不安材料はそれだけではないという。

「今まで関西圏でしか競馬をしたことがなく、関東は今回が初です。長距離輸送に加えて、出走するのは独特の雰囲気を持つ日本ダービー。さらに当日は気温が高いようですし、『パニックに陥らないか心配だ』とスタッフは話していました。期待より不安の方が大きそうでしたね」(栗東関係者E)

JRA日本ダービー(G1)栗東からサートゥルナーリアの「(秘)情報」! ライバル筆頭「ヴェロックス」の話ものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!