NEW

JRA日本ダービー「53年ぶり」12番人気・浜中俊ロジャーバローズ「大波乱」で世代の頂点に! 圧倒的1番人気サートゥルナーリアは4着敗戦……

JRA日本ダービー「53年ぶり」12番人気・浜中俊ロジャーバローズ「大波乱」で世代の頂点に! 圧倒的1番人気サートゥルナーリアは4着敗戦......の画像1

 26日に東京競馬場で開催された日本ダービー(G1)は、12番人気のロジャーバローズ(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)が優勝。「1枠1番」の絶好枠を活かし切った浜中俊騎手の好騎乗が光る結果となった。なお、単勝1.6倍に支持されたサートゥルナーリアは4着に敗れた。

 18頭立て、芝2400mで行われたレース。スタートから飛び出した青葉賞馬リオンリオンが、「逃げ宣言」通り勢いよくハナに立って頂上決戦の幕が上がった。

 一方、圧倒的1番人気のサートゥルナーリアは発馬が悪く、中団やや後方から。11万人が詰めかけた東京競馬場のスタンドからどよめきが上がる中、ロジャーバローズは好枠を活かして2番手につけた。

 大逃げを打ち、軽快に飛ばすリオンリオンが作ったペースは1000m通過が57.8秒のハイペース。しかし、それは「ある程度ペースが速くなったほうがいい。自分の中ではいい展開だった」と考えていた浜中騎手にとっては、願ったり叶ったりの展開だった。

 リオンリオンが先頭のまま最後の直線へ。しかし、すでに手応えがなく、残り400mを切ったところで2番手からロジャーバローズが先頭に躍り出る。そのすぐ後ろに好位から抜け出したダノンキングリーが猛追し、2頭の壮絶な叩き合いとなった。

 懸命に逃げ粘るロジャーバローズに、食らいつくダノンキングリー。世代最強の座を巡り、浜中騎手が「本当に必死で。残っていると思ったが、最後まで分からない感じだった」と語ったデットヒートは最後、ロジャーバローズがクビ差だけしのぎ切ったところがゴール。

 一方、サートゥルナーリアも大外から懸命に脚を延ばしたが3着争いがやっと。最後は宿敵ヴェロックスに捉えられて4着。予定されている凱旋門賞(G1)挑戦に黄色信号が灯った。

JRA日本ダービー「53年ぶり」12番人気・浜中俊ロジャーバローズ「大波乱」で世代の頂点に! 圧倒的1番人気サートゥルナーリアは4着敗戦……のページです。GJは、競馬、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  7. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  8. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々