NEW

JRA安田記念(G1)「絶対女王」アーモンドアイに不安大!? 国枝栄調教師が語る「懸念材料」と、その「実現性」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA安田記念(G1)「絶対女王」アーモンドアイに不安大!? 国枝栄調教師が語る「懸念材料」と、その「実現性」の画像1
 

 6月2日に東京競馬場で行われる今年の安田記念(G1)は、好メンバーが集ったこともあり、例年以上に大きな注目を集めるレースになりそうだ。

 その中でも「主役」は、なんといっても昨年の年度代表馬アーモンドアイ(牝4歳、美浦・国枝栄厩舎)。

 先週の日本ダービー(G1)ではサートゥルナーリアが単勝1.6倍という圧倒的な支持を集めたが、今週のアーモンドアイも『netkeiba.com』の事前予想で1.7倍に予測されるなど、同等の人気を集めそうだ。

 ここまで8戦7勝。それも牝馬三冠を含む、G1・5連勝中と、実績はまさに完全無欠。2強を形成するダノンプレミアムとは初対決になるが、さらに連勝を重ね歴史的名牝が再び「最強」を証明するか。

 ただ、そんな現役最強ホースにも決して小さくはない「不安」がある。今回は昨年の桜花賞(G1)以来、約1年ぶりのマイル参戦となるからだ。

 管理する国枝栄調教師が「マイルの適性自体はある」と話す通り、マイル戦はここまで3戦して3勝。昨年の桜花賞でも"異次元の末脚"で完勝している。

 たが、それはあくまで同世代での争い。師が「ただ今回は、それ以上に適性の高い馬たちが相手になるから」と話したのは、古馬になってカテゴリーが細分化され「スペシャリストが集ったマイル戦」は、アーモンドアイにとって初めてということになるからだ。

 そこで課題に挙がるのがペースへの対応......すなわち「位置取り」の問題だ。

JRA安田記念(G1)「絶対女王」アーモンドアイに不安大!? 国枝栄調教師が語る「懸念材料」と、その「実現性」のページです。GJは、競馬、JRAアーモンドアイ安田記念の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!