NEW

JRA浜中俊「斜行騒動」「もういいでしょ」から2年、日本ダービーで復活。次なる夢はロンシャンへ

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA浜中俊「斜行騒動」「もういいでしょ」から2年、日本ダービーで復活。次なる夢はロンシャンへの画像1

 26日の日本ダービー(G1)を2番手からの押し切りで勝利し、世代の頂点に立ったロジャーバローズ(牡3 栗東・角居勝彦厩舎)。12番人気の大駆けにいつまでもどよめきは止まなかった。

 翌日には「秋は凱旋門賞挑戦」と、フランスの大舞台という新たな夢を陣営はぶち上げている。当然、主戦の浜中俊騎手は騎乗継続だろう。

 1枠1番の利を活かし、ハイペースの道中2番手を確保。この日の東京競馬場は例年にも増して高速馬場だったが、それを読み切っての直線早め先頭。追いかけるダノンキングリーをクビ差残したのは、あらゆる面で最高だった浜中騎手の状況判断の数々といえる。戦前の「3強」を向こうに回しての勝利は、やはり価値が大きい。

 浜中騎手のG1勝利は、2016年マイルCS以来となる。この時はミッキーアイルに跨っての逃げ切り勝ちだった。

 ただ、最後の直線で外側に斜行し4頭の進路を妨害し、23日の騎乗停止処分に。G1だけに世間や関係者の論調も厳しかった。その年の勝利数は63勝。通年外国人騎手の影響も受け、100勝付近をコンスタントに勝っていた浜中騎手としては残念な結果に終わった。

 悪い流れは翌年も止まらず。期待のお手馬だったレーヌミノルで挑んだフィリーズレビューで1番人気2着敗戦。それだけならまだマシだったが、またも内側に斜行し他馬の進路をカットするような動きを見せてしまった。レース後にはマスコミの呼びかけにも応じず最後に「もういいでしょ」と一言残して立ち去ったという話もあり、さらに批判が噴出した。17年の成績は60勝とさらに減少。翌年は66勝とやや盛り返したが、08年から続いていた重賞勝利がなくなるという憂き目にもあった。

JRA浜中俊「斜行騒動」「もういいでしょ」から2年、日本ダービーで復活。次なる夢はロンシャンへのページです。GJは、競馬、JRAロジャーバローズ日本ダービー浜中俊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!