NEW

武豊「ウオッカ以来」安田記念制覇へロジクライが「不気味」圧倒的な「6歳馬実績」と元気一杯調教

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊「ウオッカ以来」安田記念制覇へロジクライが「不気味」圧倒的な「6歳馬実績」と元気一杯調教の画像1

 2日に開催されるマイル王決定戦安田記念(G1)。今年はアーモンドアイとダノンプレミアムの「2強」にファンの視線は集中しているが、競馬界のレジェンド武豊騎手は、このレースにロジクライ(牡6 栗東・須貝尚介厩舎)で挑む。

 ロジクライは、過去重賞2勝の古豪。昨年は安田記念と同コースである富士Sを制している。

 今年初戦の東京新聞杯は9着と惨敗したが、これは過去最高の522キロが影響したものと見て度外視できる。そこから阪急杯3着、高松宮記念8着、京王杯SC3着とし、これで春4戦目。疲れを気にする声も見受けられるが......。

「1週前追い切りでは、調教駆けすることで知られるシュウジ(OP)を置き去りにする圧倒的な内容で1番時計を記録。京王杯から11日後にこの動きということで、相当いい状態なのは間違いなさそうです。5戦目ですし最終追い切りは流し目で、万全の状態で本番に臨めそうですね。

これまで府中では今年の東京新聞杯を除けば2戦2勝と得意にするコース。今年はロジクライと同様の先行馬が多そうですので、いい流れを作れれば粘り込む可能性もあるでしょう。ハイレベルメンバー相手でも侮れません」(競馬誌ライター)

 今年の武豊騎手は、インティのフェブラリーSやメイショウテッコンの日経賞など「逃げ」で良績を重ねている。思い切って先頭を走る可能性も否定はできない。

 また、安田記念は不思議と「人気のない6歳が絡むレース」でもある。

武豊「ウオッカ以来」安田記念制覇へロジクライが「不気味」圧倒的な「6歳馬実績」と元気一杯調教のページです。GJは、競馬、JRAロジクライ安田記念武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!