NEW

JRA安田記念(G1)「無視厳禁」フィアーノロマーノ「高速馬場大歓迎」でG1馬競演に一石!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フィアーノロマーノの画像1※フィアーノロマーノ/『JBISサーチ』より

 2日(日)に東京競馬場で開催される安田記念(G1、芝1600メートル)。今年はアーモンドアイ、ダノンプレミアムら7頭のG1馬が出走予定で、例年以上に豪華な1戦になることが予想されている。

 だが安田記念は、近3年でいずれも単勝7番人気以下の馬が勝利を収めている。今年も伏兵の台頭があってもおかしくはない。そしてその役目をフィアーノロマーノ(牡5歳、栗東・高野友和厩舎)が担う可能性もある。

 フィアーノロマーノは南半球産まれ。そのため、同年代の日本産馬に比べて半年ほど遅生まれとなる。新馬戦こそ勝ったものの、半年の差は大きかったのか、その後は勝ち負けを繰り返していた。

 しかし2018年の中央競馬を締めくくる1戦「2018ファイナルS」(1600万下、芝1400メートル)で押し切り勝ちを収めると、今年はダービー卿CT(G3、芝1600メートル)から始動。3番手でレースを進め、最後の直線で抜け出すと後のヴィクトリアマイル(G1、芝1600、メートル)で2着に入るプリモシーンにクビ差勝利。モーリスが15年に記録した1分32秒2を0.5秒も縮める走りを見せ、コースレコードで重賞初制覇を成し遂げた。

「デビューが遅く、またレースで使うとその反動が大きい馬でもあるため、あまり間隔を詰めて使うことができなかったようです。そのため、5歳ながらもまだ11戦とキャリアは浅く、まだ底を見せていない感もあります。

 ダービー卿CT組みでは、4年前はモーリスがここで重賞初制覇を達成し、安田記念も勝利。また3年前にも2着になったロゴタイプが安田記念を制しています。フィアーノロマーノは実績こそ乏しいですが、軽視するのは禁物ですよ」(競馬記者)

 G1初挑戦となるフィアーノロマーノは今回、北村友一騎手とコンビ再結成。これは17年11月の西郷特別(500万下、芝1800メートル)以来となる。

JRA安田記念(G1)「無視厳禁」フィアーノロマーノ「高速馬場大歓迎」でG1馬競演に一石!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!