NEW

JRA・G1「オイオイ」を糾弾! サートゥルナーリア「興奮出遅れ」の裏にファンの大興奮が?

【この記事のキーワード】, ,
JRA・G1「オイオイ」を糾弾! サートゥルナーリア「興奮出遅れ」の裏にファンの大興奮が?の画像1

 26日の日本ダービー(G1)で、単勝1.6倍と圧倒的に支持されたサートゥルナーリア(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)は4着に終わった。

 この敗因にスタートの「出遅れ」をあげる識者も多い。そして、競馬評論家の柏木集保氏は『netkeiba.com』で連載しているコラムで、それが起こった”原因”がファンの『大歓声』にあるのではないかとの推論を綴っている。

 今年の日本ダービーを振り返った柏木氏は、記事の後半でサートゥルナーリアについて「あれはたまたまの出遅れではない気がする」と持論を展開。同馬はパドックや本馬場入場では問題がなかったものの「注目の断然の1番人気馬ゆえ、待っていたのは大歓声」だったといい、ファンがあげた大音響がサートゥルナーリアに届き、「待避所に着いて待つあたりからサートゥルナーリアは尋常ではなかった」という。そして「何度もなんども激しくクビを上下に振り続けるサートゥルナーリアは、切れる寸前だった。ゲート近くに集合しても激しい感情は治まっていない。」と平常心でレースに臨めなかったのではないかと推察している。

「出遅れは致命的ではないとする人もいます。ですが、日本ダービーは最高峰の舞台で最強のメンバーで行なわれます。そのため、出遅れなどの少しのミスでも敗退につながることも十分に考えられます。

 それに馬は元来臆病な生き物。危険を察知するために視野の広い目、微細な音を聞き取る耳を備えています。騒音などで驚いた馬がパニックになって暴れることもあるので、なるべくならば出走前は歓声もほどほどにしてもらいたいと考えている関係者は多いですよ」(競馬記者)

 JRAは『観戦時にお断りしている行為』として、「コースやパドックにものを投げ入れる行為および全てのエリアでものを投げ上げる行為」などに加えて『みだりに騒音を出す行為』をあげている。大舞台を前に興奮してしまう気持ちはわかるが、それを台無しにしてしまう可能性があるならば、自制することも必要なはずだ。

JRA・G1「オイオイ」を糾弾! サートゥルナーリア「興奮出遅れ」の裏にファンの大興奮が?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  5. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  8. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?