NEW

JRA安田記念(G1)「買い要素多数」サングレーザーここは狙い目! 「ディープインパクトの底力」がG1席巻中

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ならば安田記念で狙えそうなディープインパクト産駒の伏兵はサングレーザー。G1は未勝利だが重賞実績は豊富。昨年はマイラーズC(G2、芝1600メートル)をレースレコードで制して安田記念に臨んだが、結果は5着。それまで1400~1600メートルを中心に走ってきたが、陣営は2000メートルへの路線変更を決断。

 2000メートル戦の札幌記念(G2)を優勝すると、天皇賞・秋(G1、芝2000メートル)ではレイデオロの2着に好走した。ただし、香港C(G1、芝2000メートル)は4着だったとはいえ、上位3頭との力量差を露呈する敗戦だった。案の定、今年初戦となった大阪杯(G1、芝2000メートル)では12着に大敗。

 こうしてサングレーザーは1年振りのマイル戦、安田記念に帰ってきた。久々のマイル戦はプラスに働くのではないだろうか。これまで7勝を上げているが、そのうち6勝は前走からの距離短縮、距離延長での勝利。ショック療法とも言える距離変更をサングレーザーは得意にしているのだ。

JRA安田記念(G1)「買い要素多数」サングレーザーここは狙い目! 「ディープインパクトの底力」がG1席巻中の画像2

 安田記念で5歳以上の馬が多く活躍しているのは、4歳馬が安田記念ではじめて58キロを背負うのに対して、5歳以上の馬は58キロを背負い慣れているからだろう。サングレーザーは昨年の安田記念と天皇賞・秋で58キロを経験。2度目の天皇賞・秋では2着と結果を出した。斤量にも不安はない。

 オークスと日本ダービーがレースレコードだったように、安田記念も高速タイムが出るだろう。サングレーザーはマイラーズCをレースレコードで勝っているので高速決着も問題ない。また、安田記念も日本ダービーと同様、内が伸びるCコースで行われる。今回の鞍上岩田康誠騎手は最もイン突きがうまいジョッキーと言っていい。もちろん、内を攻めてくれるはず。

 このようにサングレーザーは比較的人気薄のディープインパクト産駒というだけではなく、いくつも買える要素はある。2着あるいは3着の連穴として押さえてみるのはいかがだろうか。

JRA安田記念(G1)「買い要素多数」サングレーザーここは狙い目! 「ディープインパクトの底力」がG1席巻中のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!