NEW

JRA安田記念(G1)アーモンドアイ「相手はいない」ルメール断言。心配の「ポジション取り」も期待のほうが大きく……

【この記事のキーワード】

, ,


29日の最終追い切りでは、3頭併せで準オープン馬2頭あっさりと3馬身先着したアーモンドアイ。ルメール騎手の気持ち同様、万全の状態でレースに臨めそうだ。

 一方、先週の日本ダービーなどココ最近続く「前が止まらない高速馬場」が、アーモンドアイの命取りになるのではないか、という論調もあるのは事実だ。これまでマイル戦は常に後方からのレースで勝利してきたが、ダノンプレミアムら先行馬が止まらないとなれば、命取りになる可能性もあるのでは……。

「アーモンドアイはロードカナロア産駒ですし、マイル戦線そのものはむしろ大歓迎。確かに後方からのレースになれば馬場の状態から不利な部分もあるかもしれませんが、これまで自由自在なレース運びを見せていましたし、ダノンプレミアムをしっかりマークする位置を狙い、そのとおりにポジションを取れる期待のほうが大きいです。ある程度ダノンプレミアムをマークできた時点で『勝負あり』という可能性も……」(同)

 世界有数の牝馬として、条件や相手が……とはいえない立場。またしても圧勝を見せてくれるだろうか。

JRA安田記念(G1)アーモンドアイ「相手はいない」ルメール断言。心配の「ポジション取り」も期待のほうが大きく……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!