NEW

JRA川田将雅「レーンと最後まで明暗」春G1勝利ゼロ……帝王賞も2着で4度目正直もならず

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月26日に開催された帝王賞(G1)は、D.レーン騎手が騎乗するオメガパフュームが直線一気で勝利。馬にとってはうれしいG1競走2勝目を手にした。

 レーン騎手は大井競馬場初参戦だったが、その影響を感じさせない見事な騎乗で、相棒を勝利に導いた。レース後、『レース中ずっと馬の手応えも良かったですし、厩舎の方々のおかげで、仕上がりも完璧でした』とスタッフに感謝の言葉を述べ、さらに『騎乗する機会を与えてくれたオーナーをはじめ、関係者の皆様に感謝したいです。今日は素晴らしい夜になりましたし、また皆様にお会いできる事を楽しみにしています』とファンに再開を約束していた。

「レーン騎手はこの日、第8R、第9R、そして第11R帝王賞の3レースに騎乗。第8Rは6番人気に支持されたチバニアンで5着、第9Rは3番人気のミカードで12着。はじめての大井競馬場に戸惑っているのではないかとも思われましたが、メインレースの帝王賞ではきっちり勝利。この勝負強さはさすがです。

 また秋は宝塚記念(G1)を制したリスグラシューとのコンビで、コックスプレート(豪G1)、またBCフィリー&メアターフ(米G1)などの海外挑戦も視野に入れられているようです。これからもレーン騎手から目が離せませんよ」(競馬誌ライター)

 JRAから地方競馬まで縦横無尽の活躍を繰り広げたレーン騎手。大満足で春競馬を終えたと思われるが、その一方、川田将雅騎手にとっては無念さが残るシーズンとなったようだ。

JRA川田将雅「レーンと最後まで明暗」春G1勝利ゼロ……帝王賞も2着で4度目正直もならずのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!