NEW

武豊「伝説」サンデーサイレンスを語る。軽め調教「藤沢流」の誕生、社台グループの大成功……世紀の大種牡馬がもらした革命

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 平成31年間で急速な発展を遂げ、今や「世界トップ」とまでいわれる日本競馬。その礎を築いたのは紛れもなくサンデーサイレンスという1頭の種牡馬だろう。

 現在のリーディングサイアーは1位ディープインパクト、2位ステイゴールド、3位ハーツクライとサンデーサイレンスの息子が上位を独占。他にもダイワメジャー、マンハッタンカフェ、ゴールドアリュールと、ベスト10にサンデーの血を持つ種牡馬が5頭もランクインしている。

 1頭の種牡馬が1国の競馬に対して、これほど巨大な影響を与えるのは、世界的に見ても極めて稀有だ。2002年8月サンデーサイレンス他界から約17年……もはや我々「今」の競馬ファンにとっても“伝説”になりつつある大種牡馬とは、一体どんな存在だったのか。

 JRAの機関広報誌として発行されている『優駿』の7月号では、平成31年間の競馬において「最大の成功者」といえる武豊騎手、藤沢和雄調教師、そして社台ファーム代表の吉田照哉氏が鼎(てい)談。

 日本競馬史に最も大きな影響をもたらした「馬」サンデーサイレンスについて語っている。

武豊「伝説」サンデーサイレンスを語る。軽め調教「藤沢流」の誕生、社台グループの大成功……世紀の大種牡馬がもらした革命のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!