NEW

JRA「アパパネ最高傑作」デビュー。ディープインパクト×金子真人×友道康夫に死角ナッシング?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA「アパパネ最高傑作」デビュー。ディープインパクト×金子真人×友道康夫に死角ナッシング?の画像1

 夏競馬も始まり、期待の素質馬たちが次々にデビューを飾っている。そんな中、6月29日(土)の中京競馬場、第5R・2歳新馬戦(芝1600メートル)に、豪華過ぎる配合を持つ一頭が出走を予定していると話題だ。

 その馬こそ、父ディープインパクトが7冠、母アパパネが5冠の合計「12冠」という豪華配合を持つ、ラインベック(牡2歳、栗東・友道康夫厩舎)。オーナーはディープインパクト、キングカメハメハなど数々の歴史的名馬を所有した金子真人氏(金子真人ホールディングス)だ。

 この「12冠配合」では、これまでモクレレ、ジナンボーらがデビュー。だが気性面の問題や故障の影響でクラシック出走は叶わなかった。

「その後、モクレレは3勝するも現時点では1000万下クラス。ジナンボーはOP入りを果たしましたが、まだ期待に応えるほどの活躍を見せることはできていません。金子氏にとってこのラインベックは『12冠配合』の3頭目です。そろそろ、重賞を勝つ馬が出てきてほしいところ。掛けられている期待は全兄ら以上なのでは?」(競馬誌ライター)

 そのラインベックは1週前追い切りで、デビュー戦の鞍上を務める福永祐一騎手を背に、栗東CWコースで3頭併せ。ラジオNIKKEI賞(G3)に出走のサヴォワールエメ(3歳)と併入し、6F84秒9、ラスト11秒5を記録した。福永騎手は「スポーツ報知」の取材に「走ると思う」と好感触。さらに「距離が延びても対応できそう」と期待を寄せる。

JRA「アパパネ最高傑作」デビュー。ディープインパクト×金子真人×友道康夫に死角ナッシング?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!