NEW

JRA藤田菜七子「米G1挑戦へ」コパノキッキングでBCスプリント参戦も「競馬場」に不安?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA藤田菜七子「米G1挑戦へ」コパノキッキングでBCスプリント参戦も「競馬場」に不安?の画像1

 ついにコパノキッキング(セ4歳、栗東・村山明厩舎)と藤田菜七子騎手が海を渡る。

 コパノキッキングが、11月2日にサンタアニタパーク競馬場で開催予定のBCスプリント(G1、ダ1200メートル)に登録する意向があると「スポーツ報知」が伝えた。

 コパノキッキングはフェブラリーS(G1)から菜七子騎手とコンビを結成。人馬ともに初G1となった1戦では、後方から競馬を展開し、上がり2位の35.2秒の末脚を見せて殊勲の5着。一線級とも渡り合える実力があることを証明した。続く東京スプリント競走(G3)では菜七子騎手にとって初の重賞制覇の期待も寄せられたが、出遅れも影響し、キタサンミカヅキに次いで2着。惜しい結果に終わっていた。

 その後、6月6日開催の北海道スプリントC(G3)へ出走予定だったものの、フレグモーネで回避。現在は、8月12日のクラスターC(G3)に向けて調整が進められている。

「同馬のオーナーのDr.コパさんは以前から『藤田菜七子騎手でBCスプリント参戦』の夢を各メディアに明かしていましたが、いよいよ実現に向けて動き出したようですね。

 ただBCスプリントが開催される予定のサンタアニタパーク競馬場は、年明けから競走馬の死亡事故が相次ぎ、ついにその数は30頭に。競馬場側は馬場を改修、また死亡した30頭のうち4頭を管理していた調教師に安全対策を怠ったとして出入り禁止処分を下すなど対策は行なっているものの、未だ原因は不明とのこと。こうなると不安は残りますよね」(競馬記者)

 コパノキッキングと菜七子騎手の挑戦。無事に海外G1を終えることはできるのだろうか?

JRA藤田菜七子「米G1挑戦へ」コパノキッキングでBCスプリント参戦も「競馬場」に不安?の画像2

JRA藤田菜七子「米G1挑戦へ」コパノキッキングでBCスプリント参戦も「競馬場」に不安?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!