NEW

JRA坂井瑠星騎手「落馬負傷」で長期離脱の危機……オーストラリアで武者修行後、今年重賞初制覇も……

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA坂井瑠星騎手「落馬負傷」で長期離脱の危機……オーストラリアで武者修行後、今年重賞初制覇も……の画像1

 30日、函館競馬場で行われた4R(3歳未勝利)で、キョウエイシンシアに騎乗していた坂井瑠星騎手が落馬。函館市内の病院に搬送され、メインレースの巴賞(OP)のドレッドノータスなど、以降の騎乗馬がすべて乗り替わりとなっている。

 16頭立てでの芝1200mで行われたレース。坂井騎手が騎乗していたキョウエイシンシアは発馬こそまずまずだったが、そこから押してポジション争いへ。好位集団の直後という中団をキープした坂井騎手だったが、3コーナーに差し掛かったところで落馬……。コース上に投げ出される形になった。

「ちょうど勝負所に差し掛かってペースが上がり始めたところで、非常に危険な位置での落馬となりました。JRAのパトロールビデオを見た限り、どうやらキョウエイシンシアが躓いてバランスを崩した際に落馬したように見えます。

ただ、坂井騎手は落馬直後に後続馬と接触。ケガの程度はまだ発表されていませんが、大事に至っていないことを祈るばかりです」(競馬記者)

 なお、JRAの発表によると坂井騎手の落馬に関しての降着、および失格はないとのこと。

 しかし、記者の話にもあった通り、坂井瑠星は落馬直後に後ろを走っていたファイティングマンと接触した可能性がある。幸い騎乗していた藤岡佑介騎手が落馬することはなかったが、どこかを踏まれてしまってもおかしくないほどのアクシデントだった。

 本件により、坂井騎手が騎乗予定だった当日の騎乗馬はすべて乗り替わり。6Rのアシタノカゼが横山武史騎手、10Rのサンローレンスが古川吉洋騎手、11Rのドレッドノータスが菱田裕二騎手、12Rのオフクヒメの岩田康誠騎手にそれぞれ騎手変更となっている。

 昨年まで続いたオーストラリアでの武者修行を経て、今年は年始からフル参戦していた坂井騎手。4月のフィリーズレビュー(G2)で重賞初勝利を飾り、ここまで14勝を上げるなど伸び盛りなだけに、まずは無事を祈りたいところだ。

JRA坂井瑠星騎手「落馬負傷」で長期離脱の危機……オーストラリアで武者修行後、今年重賞初制覇も……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!