NEW

JRA坂井瑠星騎手「落馬負傷」で長期離脱の危機……オーストラリアで武者修行後、今年重賞初制覇も……

【この記事のキーワード】, , ,

JRA坂井瑠星騎手「落馬負傷」で長期離脱の危機……オーストラリアで武者修行後、今年重賞初制覇も……の画像1

 30日、函館競馬場で行われた4R(3歳未勝利)で、キョウエイシンシアに騎乗していた坂井瑠星騎手が落馬。函館市内の病院に搬送され、メインレースの巴賞(OP)のドレッドノータスなど、以降の騎乗馬がすべて乗り替わりとなっている。

 16頭立てでの芝1200mで行われたレース。坂井騎手が騎乗していたキョウエイシンシアは発馬こそまずまずだったが、そこから押してポジション争いへ。好位集団の直後という中団をキープした坂井騎手だったが、3コーナーに差し掛かったところで落馬……。コース上に投げ出される形になった。

「ちょうど勝負所に差し掛かってペースが上がり始めたところで、非常に危険な位置での落馬となりました。JRAのパトロールビデオを見た限り、どうやらキョウエイシンシアが躓いてバランスを崩した際に落馬したように見えます。

ただ、坂井騎手は落馬直後に後続馬と接触。ケガの程度はまだ発表されていませんが、大事に至っていないことを祈るばかりです」(競馬記者)

 なお、JRAの発表によると坂井騎手の落馬に関しての降着、および失格はないとのこと。

 しかし、記者の話にもあった通り、坂井瑠星は落馬直後に後ろを走っていたファイティングマンと接触した可能性がある。幸い騎乗していた藤岡佑介騎手が落馬することはなかったが、どこかを踏まれてしまってもおかしくないほどのアクシデントだった。

 本件により、坂井騎手が騎乗予定だった当日の騎乗馬はすべて乗り替わり。6Rのアシタノカゼが横山武史騎手、10Rのサンローレンスが古川吉洋騎手、11Rのドレッドノータスが菱田裕二騎手、12Rのオフクヒメの岩田康誠騎手にそれぞれ騎手変更となっている。

 昨年まで続いたオーストラリアでの武者修行を経て、今年は年始からフル参戦していた坂井騎手。4月のフィリーズレビュー(G2)で重賞初勝利を飾り、ここまで14勝を上げるなど伸び盛りなだけに、まずは無事を祈りたいところだ。

JRA坂井瑠星騎手「落馬負傷」で長期離脱の危機……オーストラリアで武者修行後、今年重賞初制覇も……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由