NEW

パチスロ6号機で「爆裂AT」再び復活!? 4号機”代名詞”の『リゼロ』超えに期待高まる

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ6号機で「爆裂AT」再び復活!? 4号機代名詞の『リゼロ』超えに期待高まるの画像1

 純増枚数の上限が解禁されたパチスロ6号機。現在市場に設置されているほとんどの6号機が、5号機では実現できなかった「高純増タイプ」のスペックとなっている。

 先日、3回目の増台がなされた『Re:ゼロ から始める異世界生活(通称、リゼロ)』(大都技研)は異例の高稼働を継続中。やはり純増8.0枚となるAT「ゼロからっしゅ」の破壊力は凄まじく、閉店間際でも取り切れてしまう出玉スピードは目を見張るものがある。

 その一方で、かつて猛威を振るった「爆裂AT」にも熱視線が注がれている状況。先日サミーから『猛獣王 王者の咆哮』が念願の”高純増AT”で復活している。

 純増は『リゼロ』よりも低い約6.0枚だが、初代を彷彿とさせる色押しATを搭載。また、演出面も懐かしの「サバンナチャンス(AT)の潜伏」を限りなく再現するなど、往年のファンも納得の仕上がりといえるだろう。

「今のところ、6号機で復活した名機は『猛獣王』のみですが、この流れは間違いなく続くでしょうね。実際、5号機で『吉宗』『スーパービンゴ』『押忍!番長』など数々の名作が復活していますし、関係者の間では6号機に関するウワサもちらほら聞こえてきますよ。各メーカーの動向に注目です」(記者)

 名作の復活という意味では、6号機第1号を飾った『猛獣王』。それに追従する名作の登場に期待は高まるばかりだが、同じくサミーのアノ「爆裂機」が6号機で登場するとの「有力情報」を入手。業界関係者の間で早くも注目を集めている。

パチスロ6号機で「爆裂AT」再び復活!? 4号機”代名詞”の『リゼロ』超えに期待高まるのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!