NEW

JRA鳴尾記念(G3)武豊タニノフランケル最有力! 現場情報を駆使した「三連単勝負」決行!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 宝塚記念(G1、芝2200メートル)へのステップレースとして位置づけられている鳴尾記念(G3、芝2000メートル)。この1戦に「現場の声を最重視するブロディN」が挑戦。極秘ルートから仕入れた「関係者ネタ」で的中を狙う。

 本命◎に選んだのは、4番ウオッカ産駒タニノフランケル(牡4歳、栗東・角居勝彦厩舎)だ。

JRA鳴尾記念(G3)武豊タニノフランケル最有力! 現場情報を駆使した「三連単勝負」決行!の画像1

 今年は始動戦である中山金杯(G3、芝2000メートル)で、9番人気ながら逃げて3着と好走。続く小倉大賞典(G3、芝1800メートル)でも、2番手につけると勝ち馬とはタイム差ナシの2着に入ってみせた。

 G1馬が5頭も集結した前走の金鯱賞(G2、芝2000メートル)こそ、強力なライバルに屈して10着に終わったものの、その高い先行力は魅力だ。

「今回は昨年の大原S(1600万下、芝2000メートル)以来となる武豊騎手とのコンビ。スタッフも『揉まれたりしなければ2、3番手でも大丈夫。それに豊さんですから、うまく導いてくれる』と鞍上の手腕に期待していましたよ。

 先行力としぶとさが取り柄なので、阪神競馬場の内回り2000メートルはピッタリ。ここでならば、十二分に力を発揮できるはずです」(競馬記者)

 相手筆頭「○」は、復活が期待される3番ギベオン(牡4歳、栗東・藤原英昭厩舎)だ。

JRA鳴尾記念(G3)武豊タニノフランケル最有力! 現場情報を駆使した「三連単勝負」決行!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!