NEW

JRA「レイデオロ弟撃破」サリオスに「ダノンキングリー級」評価!? 怪物リアアメリアら大器続々……「アーモンドアイ軍団」が開幕新馬ジャック!!

JRA「レイデオロ弟撃破」サリオスに「ダノンキングリー級」評価!? 怪物リアアメリアら大器続々......「アーモンドアイ軍団」が開幕新馬ジャック!!の画像1

 ロジャーバローズによる大波乱の日本ダービー(G1)制覇から1週間。今週から早くも来年のクラシックを目指す若駒たちによる新馬戦が幕を開けている。

 良血有力馬の早期デビューが注目されている昨今、POG(ペーパーオーナーゲーム)などを嗜む熱心な競馬ファンにとって「新馬開幕週」は最も注目されるところだが、今年もその期待に違わぬ「怪物」が衝撃のデビューを飾った。

 1日の新馬戦で”世代一番星”を上げたリアアメリア(牝2歳、栗東・中内田充正厩舎)だ。

 阪神・芝1600mを6頭立てで行われたレース。単勝1.2倍という圧倒的な人気に推されたリアアメリアは、川田将雅騎手が「意識的に出遅れさせて、後ろからの競馬を練習させました」と話した通り、スタートで後手を踏んで後方から。

 道中では首を上下して幼い面もあったリアアメリアだが、最後の直線で外に出されると、そこからは桁違いの伸び脚。馬なりのまま先頭集団に並び掛けると、あっという間に後続を突き放した。

「見ての通り、強い内容です」

 レースを見守った中内田充正調教師も絶賛する通り、その後はワンサイドゲーム。話題の良血馬が2着馬に8馬身差を付ける衝撃的なデビューとなった。

「早くから話題になっていたリアアメリアが出走ということもあって、寂しい頭数になりましたが、ウワサに違わぬ強さでしたね。中内田調教師が『幼さを残し、粗削りな部分だらけ』と語った通り、道中でうるさい面を見せましたが、ポテンシャルは超一級品。来年に向けた2歳馬たちの争いも、まずはこの馬を中心に展開されるんじゃないでしょうか」(競馬記者)

「大きいところを狙っていきたい素材で、上手に成長させてあげたいです」と、大きな”先”を見据える中内田調教師。気になる次走に関しては「ひと息入れて、次は秋以降になると思います」とのことだった。

JRA「レイデオロ弟撃破」サリオスに「ダノンキングリー級」評価!? 怪物リアアメリアら大器続々……「アーモンドアイ軍団」が開幕新馬ジャック!!のページです。GJは、競馬、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  2. JRA C.ルメール「大楽勝ムード」から“油断騎乗”で痛恨の2着!? 「普通に乗ってれば勝ってたんじゃ……」単勝1.8倍もコントレイル馬主にアピールならず
  3. JRA「謎の暴走」→「落馬」に疑問の声続々!? 10歳馬が20馬身以上の大逃げも、最後は力尽きるように……鞍上には今年未勝利騎手
  4. JRAソダシ「甘やかし」の絶好展開も12着轟沈……チャンピオンズC(G1)「敗因」はダート適性にあらず!? 歴史的「豹変」を知る元名ジョッキーが突きつけた“現実”とは
  5. JRA川田将雅「強引タックル」も大本命馬で痛恨ミス!? 上がり最速33秒3の“取りこぼし”にファンからも不満の声が続出!?
  6. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  7. JRA 「何も手が打てませんでした」福永祐一“無策”騎乗で「幻の秋華賞馬」がまさかの惨敗!? まだまだ遠い偉大なる母への道のり
  8. 【香港マイル(G1)展望】「19戦18勝」香港が誇る怪物ゴールデンシックスティに日本馬4頭が挑戦! ダノンキングリー川田将雅は「三度目の正直」なるか
  9. JRA【チャンピオンズC(G1)予想】白毛の姫ソダシは自信の切り! 実績がありながら人気していない穴馬を狙い撃ちで高配当を狙う!
  10. JRA阪神JF(G1)「勝率75%」ソダシ育てた名伯楽が勝負気配、「ドゥラメンテの牝馬は走らない」噂もついにストップか