NEW

【エプソムC(G3)展望】JRA「実績馬」多数の混戦! 武豊ソウルスターリング復活にも注目

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月9日に行われるエプソムC(G3、芝1800メートル)を展望する。2013年の2着馬ジャスタウェイ、2015年の勝ち馬エイシンヒカリは、その後世界で活躍した。今年、秋の飛躍を期待できる馬はいるのだろうか。

 ミッキースワロー(牡5歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)が2017年のセントライト記念(G2,芝2200メートル)以来の重賞2勝目を狙う。前走の新潟大賞典(G3、芝2000メートル)は後方から内を突いて伸びたが、先に抜け出した鞍上D.レーン騎手のメールドグラースに3/4馬身届かなかった。しかし、メールドグラース54キロに対してトップハンデの57.5キロ。実質的には勝ちに等しかった。

【エプソムC(G3)展望】JRA「実績馬」多数の混戦! 武豊ソウルスターリング復活にも注目の画像1

 セントライト記念優勝後は重賞での2着はあるものの勝ち星がない。とはいえ、どんなレースでも末脚を伸ばしてくる。昨年のジャパンC(G1、芝2400メートル)で5着に追い込ん姿は印象的だった。主に2000メートル以上のレースを使われ、1800メートル戦は2度目。底力が問われる府中の1800メートルならば問題ないだろう。ただし、内先行が残ってしまうと不発もある。

 今年のオークス馬ラヴズオンリーユーの全兄がプロディガルサン(牡6歳、美浦・国枝栄厩舎)。2歳時の東スポ杯2歳S(G3、1800メートル)2着などの実績はあるが、重賞はおろかリステッド競争さえ勝てていない。今回はリステッド競争2連続2着後、久々の重賞に挑む。素質は高いだけに一発もあるはず。鞍上予定はD.レーン騎手。先週もメールドグラースで鳴尾記念(G3、芝2000メートル)を優勝。初来日約1カ月半で重賞5勝を上げたミラクルジョッキーが起爆剤になるか。

【エプソムC(G3)展望】JRA「実績馬」多数の混戦! 武豊ソウルスターリング復活にも注目の画像2

 一昨年の日本ダービー馬レイデオロの全弟がレイエンダ(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)。デビューから3連勝を飾り、昨年のセントライト記念では2着だったが、その後足踏みが続いている。5月のメイS(オープン、芝1800メートル)9着からの叩き2戦目、そろそろ本領発揮といきたい。出走すれば人気になる馬だけに、中間調整などを考慮して買いか切りかを判断すべきだ。

【エプソムC(G3)展望】JRA「実績馬」多数の混戦! 武豊ソウルスターリング復活にも注目のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!