NEW

パチスロ6号機『Re:ゼロ』に続く「エース」が苦戦!?「御三家」の登場に期待は高まるも……

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ6号機『Re:ゼロ』に続く「エース」が苦戦!?「御三家」の登場に期待は高まるも......の画像1

 パチスロ6号機時代で抜群の存在感を放っている大都技研

 昨年10月に登場した『HEY!鏡』は、現在でもホールで活躍を見せている。導入直後の勢いは感じられないが、まずまずの成果を残したと言えるだろう。6号機の今後に、影響を与えたとも表現できる。

 その勢いでリリースした『Re:ゼロから始める異世界生活』が大ヒットを記録。他の6号機と比較すれば別格の稼働を見せる本機は、2カ月も経たずに増産が決定した。今後も増台が続くと言われるなど、需要の高さは他を圧倒している状況だ。

「アニメ化や映画化もされたライトノベルのヒット作という時点で、反響は期待できました。さらには驚愕の『純増8枚』を実現していましたからね。ヒットする可能性は十分にあったと言えるでしょう。

しかし、ここまでヒットするとは思いませんでしたよね。演出やスペックが、予想以上に支持されたということですね。増産されて勢いは落ち着くと思いますが……それでも現状のような稼働を見せるのであれば、間違いなく覇権台になるでしょう。期待したいですね」(パチスロライター)

 パチスロ界の「先駆者」と評される大都技研。『押忍! 番長』シリーズを筆頭に、数々のヒット作を生み出してきた。

 新時代を迎えても、その存在感は衰えそうにない。今後も同社を代表する”キラーコンテンツ”のリリースが噂されているが……。

パチスロ6号機『Re:ゼロ』に続く「エース」が苦戦!?「御三家」の登場に期待は高まるも……のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!