NEW

JRA宝塚記念「オジュウチョウサン回避」理由は……中山GJの疲労、石神騎手コンビに期待あったが……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA宝塚記念「オジュウチョウサン回避」理由は......中山GJの疲労、石神騎手コンビに期待あったが......の画像1

 最強ハードラー・オジュウチョウサン(牡8歳、美浦・和田正一郎厩舎)が、出走を目指していた宝塚記念(G1)を回避すると「日刊スポーツ」が伝えている。

 オジュウチョウサンは今年、中山グランドジャンプ(G1)を制して、史上初の同一重賞4連覇を達成。その後、和田郎調教師はファン投票の結果次第だとしながらも、石神深一騎手を背に宝塚記念へ向かうことを明かしていた。

 そして迎えた宝塚記念のファン投票。オジュウチョウサンは第1回中間発表で8位になると、第2回中間発表でも得票を伸ばして8位。出走権を得ることは確実視されていた。

「ところが、オジュウチョウサンは5月24日に帰厩したものの、前走の疲れやこの暑さが影響したようで『いつもより元気がなく、時計を出せる状態ではない』と和田調教師が判断するなど、追い切りも行えない体調だったみたいですね。

 それでも6月2日にはウッドコースで15-15の時計を出したため、回復傾向にあるのかと思われました。ですが本日、和田調教師は『体調が整わないため、宝塚記念には使いません』と断言。回避を決めたようです。

 障害レースで長らく主戦を務め、同馬のクセを知り尽くしている石神騎手との平地G1初挑戦ということもあり、期待されていたので残念です」(競馬誌ライター)

 オジュウチョウサンはすでに8歳と、競走馬では引退していてもおかしくない高齢。無念ではあるが、ここは大事を取ったということだろう。

 最強ハードラー・オジュウチョウサンは今後、どこで使われるのだろうか? それとも……。

JRA宝塚記念「オジュウチョウサン回避」理由は……中山GJの疲労、石神騎手コンビに期待あったが……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!