NEW

JRAエプソムC(G3)「左巧者」ミッキースワロー制覇大チャンス! 問われる「実力」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミッキースワローはセントライト記念を5、6番手から差し切り菊花賞の有力候補となるも菊花賞では5着。4歳となった昨年も勝ち星を上げられなかった。相手がG1級メンバーになるといまひとつ力不足であることを露呈してしまったかに見える。ただし、ジャパンC(G1、芝2400メートル)では最後方から上がり3F最速の豪脚で追い込んで5着。この末脚は見どころがあった。

 ミッキースワローにとってジャパンCが初の左回りであり、東京コース。母父ジャングルポケットは日本ダービーとジャパンCを制した名馬で、その血を受け継ぐ馬たちも左回り、東京コース巧者が多い。父トーセンホマレボシは初の東京コースが日本ダービーであり、7番人気で3着に好走。ならばミッキースワローも左回り、東京コース巧者なのではないか。新潟大賞典でそれが証明された。

 新潟大賞典前、菊沢調教師は「左回りはジャパンCで走っただけですけど、あの内容を考えると合っているのかもしれませんね。直線の長い新潟コースも合うと思います」と語り、エプソムCの1週前追い切り後には「距離1800でも東京なのでこなせると思いますし、馬場の広い東京の方が走りやすいと思います」とコメント。

 ミッキースワローにとって1800メートル戦は3着に敗れた福島のいわき特別以来2度目となる。”競馬評論家”大橋巨泉氏はかつて「府中の1800展開いらず」という名言を作った。底力が要求される府中の1800メートルはぴったりだろう。

 エプソムCはミッキースワローにとってセントライト記念以来2度目の重賞制覇を上げる絶好の舞台であり、G1でも通用するかどうかの試金石にもなりそうだ。

JRAエプソムC(G3)「左巧者」ミッキースワロー制覇大チャンス! 問われる「実力」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!