NEW

JRA「東京G1レコード三昧」異様な高速馬場が波乱と議論を呼んだ

 先週の安田記念で、今春に東京競馬場で開催されるG1競走は終わりを迎えた。今回の東京競馬場の馬場は、近年稀に見るほど高速に仕上がったことも影響したのか、G1競走でレコードVが相次いだ。

JRA「東京G1レコード三昧」異様な高速馬場が波乱と議論を呼んだの画像2※ノームコア/『競馬つらつら』より

 まずヴィクトリアマイル(芝1600メートル)でノームコアが勝ち時計1分30秒5を叩き出した。これは従来のコースレコードを0秒8も更新、さらにJRAの3歳以上1600メートル戦のレコードタイムも0秒2更新するスーパーレコード。

JRA「東京G1レコード三昧」異様な高速馬場が波乱と議論を呼んだの画像3

 そしてその翌週のオークス(芝2400メートル)にはラヴズオンリーユーが、2012年に”3冠牝馬”ジェンティルドンナが記録した2分23秒6を0秒8も更新するレースレコードでV。無敗のオークス馬に輝いた。

JRA「東京G1レコード三昧」異様な高速馬場が波乱と議論を呼んだの画像4

 さらに翌週に開催された日本ダービー。皐月賞馬サートゥルナーリアが圧倒的支持を得るも、伏兵12番人気のロジャーバローズが2分22秒6のレースレコードで逃げ切り勝ち。こちらもドゥラメンテが2015年にマークした2分23秒2を0秒6上回ってみせた。

JRA「東京G1レコード三昧」異様な高速馬場が波乱と議論を呼んだの画像5

 最後は安田記念(芝1600メートル)だ。大本命がスタート直後に不利を受ける中、ゴール前で抜け出したインディチャンプが優勝。G1初挑戦ながら、レースレコードを0秒4更新する1分30秒9のタイムで初制覇を成し遂げている。

JRA「東京G1レコード三昧」異様な高速馬場が波乱と議論を呼んだのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  3. JRAオークス(G1)はサークルオブライフ&M.デムーロが勝つ! 勝利を後押しする4つの圧倒的要素とは?
  4. JRA【平安S(G3)予想】大本命テーオーケインズから紐荒れ狙いで「好配当」狙う穴馬をピックアップ
  5. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  6. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  7. JRAジャングロ、デュガで「やっちまった」武豊に朗報!?「帰ってきた」短距離界の大物候補との再コンビ結成に“熱視線”!
  8. JRAオークス(G1)川田将雅「致命的」な選択ミス!? 桜花賞組の優位動かず…アートハウスに「足りないもの」とは何だったのか
  9. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  10. 「川田が選んだ」で過信禁物!? アートハウスが過大評価と言えるワケ