NEW

パチスロ6号機「超攻撃的」"2400枚"超えが再び? ファン必見注目の「爆裂機」が"シリーズ初"仕様で復活か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ6号機「超攻撃的」2400枚超えが再び? ファン必見注目の「爆裂機」がシリーズ初仕様で復活かの画像1

「高純増×AT」という6号機らしい出玉性能の高いマシンが目立つパチスロ界

 前回の導入では、コナミアミューズメントから『実況BINGO倶楽部』がリリースされ、純増約3.0枚という穏やかなスピードながらも、ループ性能の高い出玉感を実現している。一撃に期待できる特化ゾーンもあるなど、その仕上がりに早くも注目が集まっている。

 注目という意味では、名物・メーカー七匠の『超AT 美ら沖』も負けてはいない。

 スペックは純増約4枚のATタイプとなっており、200枚のBIGボーナス、約60枚のREGボーナス、これらの疑似ボーナスで出玉を増やしていく仕様だ。

 本機最大のポイントは、やはり6号機の常識を覆すボーナス性能だろう。

 連チャンゾーン移行時は「最大7個」のストック抽選が行われ、その全てを消化後も再びボーナスストックを抽選するゲーム性だ。当然、有利区間が搭載されているため、差枚で『2400枚獲得』若しくは最大1500G消化(有利区間内)で強制終了となる。

 しかし、本機はその有利区間を巧みに活用しており、有利区間"移行時"が最もアツいとされている。つまり、2400枚獲得後も再びボーナス連チャンに期待でき、事実上の「一撃万枚」が可能となったわけだ。その確率は決して高い数字ではないが、6号機の将来性を感じさせるシステムといえる。

 その画期的アイディアは次回作『S AT天元突破グレンラガン2DA』にも搭載されているようで、PVには「限界を突き破る新システム、登場」「BONUS必ず80%ループ」という衝撃の内容が映し出されている。おそらく「限界」は"有利区間"のことを示しているのだろう。それを「突き破る」となれば、『美ら沖』のようなスペックの可能性が非常に高い。こちらも稼働に期待できるマシンとなりそうだ。

パチスロ6号機「超攻撃的」"2400枚"超えが再び? ファン必見注目の「爆裂機」が"シリーズ初"仕様で復活かのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、6号機パチスロ七匠の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!