NEW

JRA競馬中継「スタート音」はニセモノだった!? いつもの『ガッシャン!』もゲート開かず......戸崎圭太騎手たまらず落馬

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA競馬中継「スタート音」はニセモノだった!? いつもの『ガッシャン!』もゲート開かず......戸崎圭太騎手たまらず落馬の画像1

 8日に行われた東京競馬の最終レース。『BSイレブン競馬中継』(BS11)で中継されていた16頭立てのレースで、ちょっとしたアクシデントが起こった。

 レース直前、スターターが台に上って赤い旗を振ると、ファンファーレが鳴り響く。競馬ファンにとってはお馴染みの光景だ。出走各馬が次々とゲートへ吸い込まれていく。最後に大外枠の16番セグレートシチーが入り、いわゆる各馬「態勢完了」といった状態だった。

 しかし、いつもなら次の瞬間にゲートが開くはずだが、一向に開かない。「一体、どうした?」と思った視聴者も多かったに違いないが、次の瞬間......。

「ガッシャン!」と威勢良く、いっせいにゲートが開く音が。

 だが画面上では、どの馬もスタートを切っていない......派手なスタート音とは裏腹に、どのゲートも開いていないことは、横一列に並んだままスタートを待つ各馬が証明している。その直後、堪りかねた1番のデュアルマンデートがゲートを潜るようにして発馬。鞍上の戸崎圭太騎手が振り落とされると、東京競馬場は一時騒然となった。

「いつもはタイミング良く違和感ないスタートになるんですが、今回の場合はゲートが開く直前に何頭か暴れたのでスターターが少しタイミングを遅らせたようです。しかし、その結果"スタート音"だけが先走ってしまい......。非常に珍しいケースですが、たまにあるようですね」(競馬記者)

JRA競馬中継「スタート音」はニセモノだった!? いつもの『ガッシャン!』もゲート開かず......戸崎圭太騎手たまらず落馬のページです。GJは、競馬、BSイレブン競馬JRA競馬中継須田鷹雄の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!