NEW

JRA・C.ルメール「全然違った」発言にブーイング!? エプソムC(G3)良血レイエンダ「大変身」勝利も、”秘密兵器”使用「知らなかった」ファン続々……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA・C.ルメール「全然違った」発言にブーイング!? エプソムC(G3)良血レイエンダ「大変身」勝利も、秘密兵器使用「知らなかった」ファン続々......の画像1

 9日に東京競馬場で行われたエプソムC(G3)は、5番人気のレイエンダ(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が優勝。日本ダービー馬レイデオロの全弟が重賞初勝利を飾った。

「うれしい!!」

 これまで数々の大レースを制し、今年もすでにG1を3勝しているC.ルメール騎手だが、このG3の勝利には一際ご機嫌だった。それもそのはず。ルメール騎手にとっては、今回のエプソムCが騎乗停止からの復帰後、重賞初勝利。それも自身初の日本ダービー馬の弟で成し遂げたのだから、喜びもひとしおだ。

 ソウルスターリングが取消となり、芝1800mを13頭立てで行われたレース。アップクォークが大きく出遅れた一方、レイエンダはルメール騎手が「すごくいいスタートを決めて、いいポジションが取れた」と振り返った通り、出遅れが目立っていた今までのイメージを覆すような絶好のスタートを決めた。

 レースは、どの馬もハナに立ちたがらないまま、サラキアが押し出されるように先頭に立つ流れは、直前に降り出した雨の影響もあって1000m通過が63.9秒という超スローペース。2番手で追走していたレイエンダにとって格好のペースとなった。

 こうなれば後ろにいる馬は厳しい。最後の直線を迎え、残り400mを切ったところで早くも叩き合いに入るサラキアとレイエンダ。そのまま2頭で後続を突き放し、後者が3/4馬身前に出たところがゴールだった。

 結局、レースは”行った行った”の決着となり、好位から抜け出した1番人気のソーグリッタリングは3着を確保するのが精一杯だった。

JRA・C.ルメール「全然違った」発言にブーイング!? エプソムC(G3)良血レイエンダ「大変身」勝利も、”秘密兵器”使用「知らなかった」ファン続々……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!