NEW

【函館スプリントS(G3)展望】JRA「仕切り直し」ダノンスマッシュ勝利必須! あの「実績馬」と一騎打ちか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【函館スプリントS(G3)展望】JRA「仕切り直し」ダノンスマッシュ勝利必須! あの「実績馬」と一騎打ちかの画像1

 函館競馬が開幕する。6月16日に開催されるサマースプリントシリーズ第1弾、函館スプリントS(G3、芝1200メートル)の行方を展望する。

 ダノンスマッシュ(牡4歳、栗東・安田隆行厩舎)は高松宮記念(G1、芝1200メートル)で1番人気に支持されたが4着に敗れた。安田隆行調教師は「力を出せる状態で勝てなかったということは、まだGIに壁があったということでしょう」と冷静に分析。秋のスプリントG1獲りに向けてここから再始動する。

 2歳時の朝日杯FS(G1、芝1600メートル)ではダノンプレミアムを負かせるのはこの馬とも言われた評判馬。3歳春、NHKマイルC(G1、芝1600メートル)で7着に敗退すると陣営はスプリント路線を選択。夏の北海道スプリント戦で好走、秋には京阪杯(G3、芝1200メートル)で重賞初制覇。今年初戦のシルクロードS(G3、芝1200メートル)で重賞を連覇して高松宮記念に臨んだ。

 父は安田調教師自身が管理した世界のスプリント王ロードカナロア。自厩舎のロードカナロア産駒でのG1制覇は悲願だ。ロードカナロアは4歳春の高松宮記念でG1初挑戦、1番人気3着だった。その後、函館スプリントSとセントウルS(G2、芝1200メートル)で連続2着、スプリンターズS(G1、芝1200メートル)でG1初制覇を達成。ダノンスマッシュもこの後はセントウルSに向かう。父と同じ道を歩むためには凡走できない。

 ダノンスマッシュと同世代のタワーオブロンドン(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)は2歳時に京王杯2歳S(G2、芝1400メートル)で重賞初制覇、3歳時にはアーリントンC(G3、芝1600メートル)で2つ目の重賞を優勝。今年初戦の東京新聞杯(G3、芝1600メートル)はインディチャンプの5着だったが、距離を短縮した京王杯SC(G2、芝1400メートル)を快勝。マイルより1400メートルに適正を示した。

 今回はさらなる距離短縮。ただし、陣営は完全にスプリント路線に的を絞ったわけではない。藤沢和雄調教師は「洋芝も合うと思いますし、1400の重賞を勝ったこのタイミングでこの距離を試してみます。今回の内容を見て、路線を含めて今後のことを考えていきたいと思います」としている。ここを勝てばスプリンターズSの有力候補になる。

【函館スプリントS(G3)展望】JRA「仕切り直し」ダノンスマッシュ勝利必須! あの「実績馬」と一騎打ちかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!