NEW

JRA宝塚記念「出走予定馬」出揃う。「真の王者に」レイデオロVS「1年ぶり美酒」キセキら実力派勢ぞろい!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月23日に阪神競馬場で開催される宝塚記念(G1、芝2200メートル)。近年はファン投票で上位に選ばれていた競走馬の回避が相次いでいたものの、今年はそのようなこともなく、G1馬6頭を含む豪華なメンバーで行なわれることになりそうだ。

JRA宝塚記念「出走予定馬」出揃う。「真の王者に」レイデオロVS「1年ぶり美酒」キセキら実力派勢ぞろい!の画像1

 まずファン投票2位に選出されたレイデオロ(牡5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)。

 昨年は天皇賞・秋(G1、芝2000メートル)を優勝。続く有馬記念(G1、2500メートル)では1番人気に支持されるもブラストワンピースにクビ差届かず2着に終わっていた。

 今年はドバイシーマC(G1、芝2410メートル)から始動。昨年の4着に終わった舞台で、その雪辱を晴らす走りが期待されたもの6着に敗れている。

 世代屈指の実力を持つも、出走回数の少なさ、また断然人気に推されながらもあっさりと負けてしまうなど、『絶対感』に欠けていると評されることもあるレイデオロ。ここでG1競走3勝目をあげ、その評価を覆したいところだ。

JRA宝塚記念「出走予定馬」出揃う。「真の王者に」レイデオロVS「1年ぶり美酒」キセキら実力派勢ぞろい!の画像2

 ファン投票3位のキセキ(牡5歳、栗東・角居勝彦厩舎)は約1年半ぶりの勝利を狙う。

 昨年後半から川田将雅騎手とコンビを組むと逃げ馬として覚醒。天皇賞・秋で3着、ジャパンC(G1、芝2500メートル)2着と好走。有馬記念こそ5着に終わったものの、今年の始動戦である大阪杯(G1、芝2000メートル)でも2着とバツグンの安定感を誇っている。

 ただ、勝利まではあと一歩届いていない。そろそろ好走ではなく、優勝の2文字がほしいところだ。

JRA宝塚記念「出走予定馬」出揃う。「真の王者に」レイデオロVS「1年ぶり美酒」キセキら実力派勢ぞろい!のページです。GJは、競馬、キセキレイデオロ宝塚記念の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!