NEW

JRA「抜けた存在」ダノンスマッシュの「懸念」は……函館SS(G3)父ロードカナロアに続く道

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月16日、函館スプリントS(G3、芝1200メートル)が開催される。1番人気が予想さるダノンスマッシュ(牡4歳、栗東・安田隆行厩舎)について検討する。

 ダノン軍団は年明けから絶好調だった。ダノンスマッシュのシルクロードS(G3、芝1200メートル)、ダノンキングリーの共同通信杯(G3、芝1800メートル)、ダノンプレミアムの金鯱賞(G2、芝2000メートル)など、次々と重賞を制覇した。この春、いくつのG1を獲るのかと思われたが、残念ながらG1制覇はならなかった。G1レースでの主な成績は次のようになる。

高松宮記念(芝1200メートル) ダノンスマッシュ 4着(1番人気)
桜花賞(芝1600メートル) ダノンファンタジー 4着(1番人気)
皐月賞(芝2000メートル) ダノンキングリー 3着(3番人気)
日本ダービー(芝2400メートル) ダノンキングリー 2着(3番人気)
安田記念(芝1600メートル) ダノンプレミアム 16着(2番人気)

 どの馬も高い素質があるだけに、秋には再びG1戦線を賑わしてくれるだろう。高松宮記念で1番人気ながら4着に敗れたダノンスマッシュは秋のスプリンターズS(G1、芝1200メートル)制覇に向けて、この函館スプリントSから始動。父ロードカナロアと同じ道を歩もうとしている。

 ロードカナロアは明け4歳の初戦、シルクロードSを1番人気で優勝すると高松宮記念で1番人気に支持されたが3着に敗退。その後、秋のG1獲りを目指して、函館スプリントS→セントウルS(G2、芝1200メートル)→スプリンターズSというロードマップが組まれた。そして、函館スプリントSとセントウルSは2着だったものの、スプリンターズSでG1初制覇。その後は国内外でスプリント王の名をほしいままにした。

 ダノンスマッシュも函館スプリントSの後はセントウルS→スプリンターズSというローテ。父と同様、スプリンターズSを勝つためには、函館スプリントSで凡走するわけにはいかない。

JRA「抜けた存在」ダノンスマッシュの「懸念」は……函館SS(G3)父ロードカナロアに続く道のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!